体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ジョージア ヨーロピアン デカフェブラック』エスプレッソ・アプローチでカフェインレスは美味くなる!?

近年注目を集めているのが、コーヒーを中心にしたカフェインをなるべく含まないデカフェ文化。確かに睡眠に問題がある人などにとってはうれしいデカフェ・ドリンクではあるけれど、一般的に味は今ひとつという評価も多い。そんな中、エスプレッソ抽出技術を活かしてアプローチした『ジョージア ヨーロピアン デカフェブラック』が誕生した。果たして本当に美味しいのか?

カフェインレスのコーヒーの木由来の安全なデカフェ。味を補うのはエスプレッソ抽出法!

「ジョージア」シリーズの中でも、東京・恵比寿に本拠を置くスペシャルティ・コーヒー店「猿田彦珈琲」が監修しているのが「ヨーロピアン」シリーズ。万人受けを外せないオリジナルシリーズよりも、エスプレッソのテイストを取り込んで、よりシャープに洗練された味わいなのが特徴だ。デカフェの方法は、化学処理ではなく、ブラジル産カフェインレスのコーヒーの木由来の豆を100%使用して達成しているので安全だ。

デカフェでカフェインレスではあるけれど、1本につき11.6mgは入っているのに注意

 

そのヨーロピアンシリーズから、カフェインフリーの現代にマッチした、コカ・コーラシステム『ジョージア ヨーロピアン デカフェブラック』(290ml缶・希望小売価格 税抜140円・2018年1月29日発売)が登場。

コーヒーの公正競争規約により「コーヒー入り清涼飲料(カフェインレス)」という表示になっているが、別に薄くもないし、混ぜ物も入っているわけではない

 

カフェインの害といえば睡眠品質の低下が有名。小児、妊娠または授乳中の人も避けるべきと言われている。1日3〜5杯が境界線なのだが、オフィスワークの人ではもっと飲んでしまう人も多いのでは? コーヒーは嫌いだからという人でも、緑茶にも紅茶にもコーラにも入っているので、意外と越えやすい。

 

 

よくいう午後3時以降は飲まないというのも、結構酷なものであり、コーヒー好きな記者は、カフェインには耐性があるんだと自分に言い聞かせていた。しかし不眠症がひどくなり、試しに午後9時以降のコーヒーと「コカコーラ・ゼロ」をやめてみたらみるみる改善。それ以来カフェイン恐るべしと心に銘じ、「コカコーラ・ゼロカフェイン」にスイッチ。それからは不眠症は何処へやらだ。

トロッと感もある上質なテクスチャー

 

もちろんカフェインレスといっても、それはカロリー同様、便宜上ゼロ表示が可能なわけで、本当に微量も入っていないわけではないので、体質的にカフェインに敏感な人は避けるべきものだ。ただ欧米人には多いカフェイン敏感体質は、日本人には当てはまらないようなので、さほど神経質になる必要はない。不眠症や偏頭痛が多い人なら一度は試してみる価値はあるが。

 

 

一番の使い道はやはり記者のようにコーヒー好きで、カフェイン摂取総量を減らしたい人向きだろう。3杯のうち1杯をデカフェに切り替えるだけでもそれなりの実感はできるはず。眠れない、眠りの質が良くないと思っている人は一度試してみたい。

 

 

すっきりとした中にボディ感のある苦味が光るセンス抜群の本格コーヒー味

カフェインをたまにコーヒーの苦味成分そのものと誤解している人がいるが、それは半分正しく、半分正しくない。酸味系の普通のコーヒーとエスプレッソ、実はカフェイン量が多いのは前者。苦味でおなじみのエスプレッソはカフェイン量が多いわけではないのだ。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。