体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あまりにも贅沢! 東京競馬場に登場した『ウッドフォードリザーブ』限定バーの幸福感がヤバ過ぎた

2月18日の東京競馬場はGⅠレース『フェブラリーステークス』が開催されるとあって昼間から多くの人が集まりました。そんな中、この日限定で出店されていた『ウッドフォードリザーブ』というプレミアムバーボンの限定バーが大盛況。僕も足を運んでみましたが、あまりにも贅沢で幸せすぎる体験ができたのでレポートしたいと思います。

そもそも『ウッドフォードリザーブ』って何だ?

実はこの『ウッドフォードリザーブ』は競馬マニアには親しみの深いお酒で、アメリカ競馬における最高峰のレース『ケンタッキーダービー』のオフィシャルバーボンとして認定されているのです。さらに今年からはメインスポンサーにもなり、『ケンタッキーダービー』=『ウッドフォードリザーブ』というイメージが一層強くなりました。

この日は『フェブラリーステークス』の2レース前に『ケンタッキーダービー』の出場権を得られる『ヒヤシンスステークス』も開催されたため、それに合わせての1日限定バー出店となったわけですな。

関連記事:
カクテルでも人気のプレミアムバーボン『ウッドフォードリザーブ』を知っていますか? 『Asahi Brown Spirits Seminar2017』第2回レポート
http://getnews.jp/archives/1742662/ [リンク]

関係者もびっくりするほど大盛況!

バーが出店されていたフジビュースタンドのイーストホール3階に足を運んでみると、限定バーには長蛇の列が! すごい!

競馬場ではやっぱりビールやハイボールが売れるんだろうなと思っていたのですが、普段売っていないだけでプレミアムバーボンも人気が高いことがわかり、関係者も「こんなに人が集まるとは!」と驚いていました。

しかし冷静に考えれば行列ができるのも当然。ビールが1杯600円で販売されているのに対し、1本5000円くらいする『ウッドフォードリザーブ』が1杯500円で飲めちゃうのですから。

しかも写真をSNSに投稿すればさらに1杯無料に! 実質1杯250円でプレミアムバーボンが飲めるってなったら、そりゃあ誰でも並んじゃうでしょ!

青空の下、競馬を見ながらプレミアムバーボンを飲む幸せ

それでは僕も1杯いただいてみることにしましょう。

この日販売されていたのは『ミントジュレップ』『ウッドフォード ハイボール』『ケンタッキーミュール』『HOTアップル』の4種類。どれも美味しそうですが、『ミントジュレップ』は本場ではチャリティーのために純銀製のカップに入れて、セレブ向けに1杯1000ドルで販売される名物カクテルになっているとのこと。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。