体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

最後にこんな思い出もアリ!? 卒業旅行にぴったりな「珍スポット3選」

最後にこんな思い出もアリ!? 卒業旅行にぴったりな「珍スポット3選」 アイキャッチ_最後にこんな思い出もアリ! 卒業旅行にぴったりな「珍スポット3選」卒業旅行 珍スポット フロムエー画像提供元:東京別視点ガイドもうすぐ春休み。就職を目前にした大学4年生は、卒業旅行へ行く人も多いのではないでしょうか。海外や観光地に行って楽しむのもいいですが、ちょっと変わった体験ができる場所や珍しいスポットに行ってみるのも忘れられない思い出ができそうです。

東京を中心に全国各地にある“珍スポット”を紹介するサイト「東京別視点ガイド」を運営している松澤茂信編集長に、卒業旅行で行ってほしいオススメのスポットを教えていただきました。

 

店主が好きなことをやり続けている居酒屋「かがや」

 

地方在住で東京に遊びに行こうと思っている学生に立ち寄ってほしいのが、新橋にある東京で最も狂気に満ちているという居酒屋「かがや」。「ここは店長のパフォーマンスを見るための空間です」と松澤さんは言います。

基本的にコース料理だというメニューは全部で5つ。卒業旅行 珍スポット フロムエー(かがや公式HPより)参照元:http://kagayayy.sakura.ne.jp/main.htmlコースの名前だけで、その独特の世界観が伝わってきますよね……。ちなみに、感情をこめてコース名を読まないと、「気持ちが伝わってこない」とやり直しをさせられるとのこと。卒業旅行 珍スポット フロムエー画像提供元:東京別視点ガイドこちらはジャポニカ学習帳に書かれたメニュー表。独特なスタイルはその見た目のみならず、「ドリンクの持っていき方」も決められているそう。卒業旅行 珍スポット フロムエー「日本」で注文した場合は、日本舞踊を踊った後にドリンクを持ってきてくれます。(画像提供元:東京別視点ガイド) ◆オススメの理由 松澤茂信 卒業旅行 珍スポット フロムエー

松澤さん:会社に入ると、どうしても数字や利益が求められるようになります。「珍スポット」と呼ばれるような場所は大体そうなのですが、儲けよりも自分がやりたいことを貫いているんです。ときにはクレームを受けることもあるのですが、それでも続けるんですよね。今では「かがや」は海外からも人気を集め、予約が取れないくらいの名店になっているんですよ。好きなことをやり続けた結果、国内外でしっかり評価を得ています。そういうケースも世の中にはあるのだということを知った上で社会人になるというのは、大学生の方にとっていい経験になるのでは……と思います。ぜひ東京に来たついでに寄ってほしいですね。

▽詳細記事はこちら▽

東京でもっとも狂気にみちた居酒屋「かがや」【新橋】

 

強烈なキャラクターの主人とのやりとりが楽しめる「とびない旅館」

卒業旅行 珍スポット フロムエー画像提供元:東京別視点ガイド時間がある学生さんにオススメなのが、青森にある下北半島の先に位置する「とびない旅館」。 夜行バスで新宿駅から青森駅まで11時間。青森駅から最寄りの下北駅まで2時間。駅からタクシーで10分を含めると合計13時間10分という長旅を経て、やっとたどり着くことができます。しかし、これだけの移動時間をかけるだけの価値が十分にあるそう。卒業旅行 珍スポット フロムエー画像提供元:東京別視点ガイド滞在中は、旅館の主人である飛内さんが絶えずみっちりと接客をしてくれるスタイル。食事中も、飛内さんの遺産問題や政治の話など……さまざまな話を延々としてくれるそう。卒業旅行 珍スポット フロムエー飛内さんのコレクションルームと化した「宴会場」
1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。