体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

逆輸入アーティストRina Sawayama「作品は全部ベッドルームで…」

逆輸入アーティストRina Sawayama「作品は全部ベッドルームで…」
J-WAVEで放送中の番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「MUSIC +1」。2月15日(火)のオンエアでは、ロンドンで活躍する“逆輸入アーティスト”Rina Sawayamaさんが登場しました。

Rinaさんは1990年、新潟生まれ。東京へ引っ越したのち、4歳でお父さんの仕事の都合でロンドンに。転校は7回も経験したのだとか。ロンドンで日本人学校と地元の学校を交互に行き来し、現地の公立校へ進学。その後ケンブリッジ大学に進み、政治学を学びました。

作詞作曲を始めたのは17歳くらいから。自身のミュージックビデオの監督も手がけています。日本のJ-POPと海外の音楽の両方を聴いて育ったそう。聴いていたアーティストに、浜崎あゆみ、モーニング娘。、宇多田ヒカル、安室奈美恵、Crystal Kay、ブリトニー・スピアーズ、ジャスティン・ティンバーレイク、ビヨンセ、デスティニーズ・チャイルドなどの名をあげていました。曲を自身で書き始めてから、J-POPにも影響を受けていることに気がついたそうです。

Rinaさんは昨年、アルバム「RINA」をリリース。同作は全てベッドルームで制作したそうで、「プロデューサー一人、私一人という感じです。費用ゼロ」と説明しました。番組でオンエアした楽曲「Alterlife」については「曲のイントロとかは、日本レースゲームの『グランツーリスモ』から影響を受けていて……」と話し、超ゲーマーであることも明かしました。

そんなRinaさんに「今、ロンドンでブームになっているアーティスト」について伺うと、今年の「BBC Sound Of」にも選ばれたYaejiの名を挙げました。「サウンドはハウス・ミュージックで、クール。友達になりたい、ミュージックビデオもルックスも好き」とのことです。プロデュースなども全てやる点ではRinaさんと共通点も多く、すでにツイッターで友達になったそう。コラボなどにも興味を示していました。

今後のRinaさんは、ツアーを予定しているそうです。「今ヨーロッパとかでフェスなどに出演して、これからアジアでもできたらいいなあ。熱海に住んでいるおじいちゃん、おばあちゃんが『ライブに見に行きたい』と言ってくれて火がついたので、夏くらいに東京でブッキングしたいです」と話しました。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。