体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「いつまでも君のことを忘れられない僕はどこかおかしいのだろうか」 逢えない2人の溝を深める誤解……こじれたまま引きずられる恋の行方 ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

いよいよ娘の結婚!秘伝のレシピでお香づくり

玉鬘出産の年も暮れ、源氏39歳の春。皇太子の元服に合わせ、ちい姫も裳着を迎えることになりました。皇太子13歳、ちい姫11歳。まだまだ幼いですが、いよいよプリンスとプリンセスの婚儀間近です。

源氏は「一番良いものを姫に」と、あらゆる嫁入り道具のチェックに余念がありません。更に、『黒方(くろぼう)香』『侍従(じじゅう)香』の2種類のお香づくりを紫の上・花散里・明石の上・朝顔の4人に依頼。自分でも作成します。妻の3人はいいとして、結局お友達で終わった朝顔の名前が出てくるのが意外ですね。

平安貴族の必須アイテム、お香(練香)は、香木とはちみつ、梅肉などを練り合わせて作ったもの。おおよその作り方は決まっているのですが、中には「○○家秘伝」のような、門外不出のレシピもあったようです。

源氏と紫の上もそれぞれ秘伝のレシピを使い、お互いに離れて調合する気合の入れよう。「どうせやるなら香りの奥深さまで比べよう」と、ゲーム的に熱中しています。六条院のそこここで、香木をつくコンコンという音が響いていました。

高尚すぎ?花の散りかけた梅の枝に込められた意味

六条院の紅梅が美しく咲いた頃、蛍宮が遊びに来ました。2人が仲良くおしゃべりをしていた所、朝顔の宮から依頼のお香が届きます。色違いの壺に綺麗な紐と、お香自体は立派に包まれていますが、手紙は何故か花の散りかけた梅の枝に結んであります。

蛍宮も2人のウワサは知っているので興味津々。「おや?まだお付き合いが続いているのですね。手紙には何と?」…いいたくないけど、あなたの玉鬘あての手紙はさんざん読んでましたよ!

宮は手紙を隠す源氏の横から、端っこだけを何とか見てわざと読み上げます。「散りかけた梅の花より、ほんの気持ちばかりの香をお届けします。若い姫君がお使いになれば深く薫ることでしょう」。

自分を卑下し相手を上げるために、わざわざ散りかけた梅の枝を選んで手紙を書いた……こういうのが”をかし”というべきなのでしょうが、高尚すぎてちょっと面倒くさいですね。でも、源氏はこういう演出が好きなので「ますますあなたに心惹かれる私です。世間が批判するのでひた隠しにしていますが」と返しています。

宮はもっと2人の関係にツッコみたいのですが、源氏は話をそらし、彼にお香の判定をしてもらうことに。宮は「難しい役を仰せつかったものだ」と言いながらも、微細な香りの違いを嗅ぎ分けていきます。違いの分かる男、蛍宮。

まず「奥ゆかしく落ち着いた香り」なのは朝顔の『黒方香』「優美で艶めかしい」のは源氏の『侍従香』とされます。

紫の上は指定の2種に加えて、もう一つ『梅香』を出してきました。これは「明るく華やかで、少しエッジの効いたところもありトレンド感抜群。今の季節ならこれしかない」と評価されます。紫の上は香でも音楽でも衣装でもだいたいこういう評価です。キャラがにじみ出るブレンド。

花散里は指定2種ではなく、夏に使う『荷葉(かよう)』という1種のみ。「他の方と競い合うつもりはありません」と言うことのようです。これは「しっとりと懐かしい香り」とのこと。なるほど、控えめなこの人らしい感じ。

明石の上も変化球で、着物に焚きしめる薫衣香のうち、百歩先まで香りが漂うと言われた『百歩香(ひゃくぶこう)』のレシピをアレンジした香を出してきました。

「伝統的香りの見事な再現。普通はまず思いつかない着眼点が面白い」と宮。知識とアイディアでひねりを利かせ洗練された仕上がりで、これもまた、明石らしい感じです。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。