体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

こんな職場は嫌だ 「なんか……違う!」と企画書を却下する“オー人事”CMがあるある過ぎてツラい

ss

「上司や職場に恵まれなかったら、022(オー人事) 022(オー人事) 」というフレーズでおなじみの人材総合サービス会社、スタッフサービス・ホールディングス。昨年11月にテレビCM放映20周年を記念して公開したウェブ動画は、全編合わせて約400万回再生を記録。このたび、新たな「オー人事」案件を集めたテレビCM6本が、2月9日(金)より順次公開されています。

ss

店員のセールストークによって、次々と試着を重ねて華やかになっていく女性客。しかし、彼女が来店した目的は、買い物じゃなかった……!? という『試着篇』。

ss

観客とオーケストラを前に、なぜか演奏を始めない指揮者。しびれを切らしたコンサートマスターとメンバーがとった行動とは……!? という『オーケストラ篇』。

ss

そして個人的に最も共感を呼びそうだと思ったのが『ちゃぶ台篇』。社長の指示通りに企画書を作り直した部下。社長は「素晴らしい! 完璧じゃないか!」と絶賛します。しかし、次に出た言葉は、「でも、なんか……違う!」。ちゃぶ台をひっくり返しながら、「なんか。分かんないけど!」と作成した企画書を却下してしまいます。

なかなかリアルな“ちゃぶ台返し”を目にした経験のある人はいないと思いますが、「なんか」ってなんだよ! 今度はどう直せば正解なんだよ! とシンパシーを感じる視聴者は少なくないのでは。

試着篇 30秒(YouTube)
https://youtu.be/Wc5LKQm4jlU

オーケストラ篇 30秒(YouTube)
https://youtu.be/7VTzA2WzyeM

ちゃぶ台篇 30秒(YouTube)
https://youtu.be/twMb-BokqCg

フリーダイヤルの番号(0120-022-022)をもじった「オー人事」のフレーズに加え、もちろんチャイコフスキー作曲『弦楽セレナーデ』のメロディも健在。アパレルショップで、コンサート会場で、企画会議で、ありえない! ……とは言い切れないかもしれない、思わず苦笑いの内容となっています。

1997年に初めてスタッフサービスのテレビCMが放映されてから20年。我々の働く環境は大きく変化しましたが、「職場では変わらず日々さまざまなミスマッチが起きている」ことを表現したこのCMシリーズ。このほか、『意識高い系篇』、『承認篇』、『セキュリティ篇』が順次公開される予定です。

オー人事CM特集サイト:
http://www.staffservice.co.jp/lp/022.html

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。