体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

専用の紙を使わず書いたものをデジタル化できるスマートペン「eBeam」

手書きをデジタル化できるスマートペンはすでに商品化されている。ちょっとしたメモやデザインなどすぐに端末に取り込んで保存できるので、編集や管理が容易になる。

しかしそれらは、専用のノートを使うタイプがほとんど。しかし今回紹介する「eBeam」は、レターからB6のサイズであればどの紙にも対応するというスグレモノだ。しかもタブレット端末でも利用可能となっている。

・近くにセンサー

ただ書くだけでどうやってデジタル化するのか。その鍵はどうやら、近くに置く小型センサーデバイスにあるようだ。

書く紙の上の方にセンサーを置くことで、ペンの動きをとらえ、書いた内容をデジタル化するという仕組みなのだという。

・書いてすぐに共有

アプリをダウンロードしたスマホなどの端末とペンは自動的に接続し、書いたものはすぐに端末に取り込まれる。

なので、描いたイラストやメッセージを友達に送ったり、会議のメモを同僚とすぐにシェアしたりといったことが簡単にできるわけだ。

また、紙同様にタブレットでも使えるというのもメリットで、お絵かきやノートのアプリで使うのに別途スタイラスを用意する必要がない。

eBeamは現在、クラウドファンディングサイトIndiegogoで資金調達中で、77ドル(約8500円)〜となっている。ただ、残念なことに発送は米国限定。正式に商品化される段階でのグローバル展開を期待したい。

eBeam/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy