体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

星空の中を歩ける…新体感の「VRプラネタリウム」って?

星空の中を歩ける…新体感の「VRプラネタリウム」って?
J-WAVEで放送中の番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)。2月6日(火)のオンエアでは、プラネタリウムクリエイターの大平貴之さんが登場。「VRプラネタリウム」について語りました。

ギネス認定されたプラネタリウム「MEGASTAR(メガスター)」を開発したことでも知られる大平さん。新たに大平さん監修によるVRプラネタリウム「MEGASTAR JOURNEY(メガスター・ジャーニー)Powered by ABAL」が、東京タワーでスタートしています。

臨場感のある体験型VRプラネタリウム。その魅力を大平さんが語りました。

「時空エレベーターという、無限に上にあがっていくジャックと豆の木のようなエレベーターが東京タワーを突き抜けて、そのまま宇宙に上がっていきます。月まで行くと、足元に地球があって月面を歩く体験ができます。その後アクシデントが起きて、宇宙の果てに飛ばされてしまうんですけど、そこから先は見てのお楽しみです」

大平さんにとってもVRを取り入れた大規模な企画は初めてだそう。コンテンツやシステムなどは、VRサービスの創造に取り組む集団・ABALが手がけ、大平さんはコアとなるコンセプトワークや世界観などを監修しています。

「『MEGASTAR』は地上から見た星空の、宇宙の広がりを体験するもの。『MEGASTAR JOURNEY』も同じで、“宇宙のスケールを伝えたい”というのが大事なコンセプトで。銀河系を自分の目の前で見たとき、大きな宇宙の中に地球が小さな点としてあって、そこで我々が暮らしているという現実を、どこかで感じてほしい。そんな気持ちが根っこにあります。宇宙の中で浮かんで、星空の海の中を歩いて渡るというのをやってみたかったんです」

大平さんの会社・大平技研では現在、大平さん専任のアシスタントを募集しているそうです。条件は「身の回りの整理とか地味な仕事も多いですけど、やっぱり意思表示がハッキリしていて明るい方、好奇心旺盛な方が向いてると思います。技術に詳しいことよりも、新しいことを吸収できて楽しんでもらえる感性の方」とのこと。我こそはという人はぜひ、大平技研のホームページをチェックしてみてください。

なお、今回ご紹介した大平さん監修のVRアトラクション「MEGASTAR JOURNEY」は、東京タワーで4月9日(金)まで開催中です。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。