体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

海外の反応:なぜ日本では簡単に痩せられるのか? 日米の食事環境を比較考察

日本に来たアメリカ人が口を揃えて言うのは、日本人にはデブが少ないということ。逆に日本人がアメリカに行くと、相撲取りどころではない規格外のデブが大勢いることに驚きます。この差は一体どこから来ているのか、日米両国の食事環境から考えてみた動画を紹介したいと思います。

動画:Why is it so Easy to be Thin in Japan?(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=lr4MmmWQtZM [リンク]

「日本では肥満体型の人をあまり見かけない。成人肥満の割合は、アメリカでは3割にもなるのに対し日本では3.5%にすぎない。日本人は緑茶や、納豆のような腸内環境を整える発酵食品を好んで摂取しているから? いや、そもそも食事環境がアメリカとは違いすぎるのだ」

「ファーストフードの店舗数を比較すると、アメリカは24万3000店で日本は6169店(※)。1人あたりにすると15倍もの店舗があることに」

「日本でも揚げ物やチョコ、キャンディ、ソーダのような不健康な食事はどこでも食べられるが、もっと安くて健康的な食事の種類がずっと多い。アメリカで朝食をとろうとすると、多くの人にとって身近なのはマクドナルドとかドーナツ屋、パンケーキ屋になってしまう。日本では吉野家や松屋、すき家のような白米メニューが中心のファーストフード店がたくさんあって、白米と味噌汁に鮭、卵、ポテサラといった朝食が4ドルで食べられる」

「日本には5万5000店、1平方km(徒歩圏内)あたりアメリカの10倍ものコンビニが密集しているが、そこでも健康的な食事が手に入る。枝豆、ゆで卵、サラダ、サンマの塩焼き、かぼちゃの煮付け、もつ煮込み。これだけ買っても10ドルだ。決して高品質ではないが味は悪くない。一方、アメリカのコンビニでは、トランス脂肪酸や砂糖や保存料や添加物まみれの不健康な食べ物ばかり。アメリカで安く早く気軽に食べられる食事となると、どうしても不健康なものになってしまう。品揃えのいい店ならば、無添加のナッツ類がある程度だ」

「日本で手っ取り早くランチをとろうと思ったら、バーガーキングでもいいし、その隣の寿司屋という選択肢もある。ハンバーガーとポップコーンのあるカフェでもいいし、その隣の松屋で豆腐キムチチゲ膳という選択肢もある。チェーン店以外にも、もっと健康的なメニューを揃えた店もある。毎日同じ食事で飽きたりすることのない、この選択肢の多さが重要なのだ。1万店以上ある標準的な居酒屋へ仲間と飲みに行く時でさえ、豊富なメニューが用意されている。日本人がファーストフード店とか居酒屋で毎日食べているわけではないし、そこでの食事が健康的だと思っているわけでもない。健康的な食事が安く身近にあるということが重要なのだ」

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会