体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

4回の勤務先倒産。波乱があったからこそ見えた“自分の道”ーーシンデレラシューズ・松本社長「痛い靴ゼロへの挑戦」《下》

4回の勤務先倒産。波乱があったからこそ見えた“自分の道”ーーシンデレラシューズ・松本社長「痛い靴ゼロへの挑戦」《下》

靴メーカー勤務などを経て、働く女性の悩みの種である“痛い靴”をなくそうと起業、アナログなフィッティングと最新のITを組み合わせた独自のアプローチで課題解決を目指している松本久美さん。インタビュー最終回では、松本さんが今日まで続けてきた挑戦の数々と、お手本のない“自分の道”を切り開くためのヒントを聞きました。(《中》編はこちら

f:id:fujimine:20171214141832g:plain

【プロフィール】

松本 久美(まつもと・くみ)

1977年大阪市生まれ。大阪モード学園ファッションデザイン学科卒業後、地場の靴メーカーに就職。デザインや生産管理などに通算13年間携わる。この間に勤務先が4回倒産するなど不安定だった業界に限界を感じてIT企業の営業職に転じ、その後知人らの起業に触発されて「靴」をテーマにした事業での独立を決意する。大手企業による起業支援プログラムに選ばれた2015年、東京で「株式会社シンデレラ」を設立して代表取締役に。「シンデレラシューズ」の名称でフィッティングサロンを開くかたわら、ITの活用で靴と人のマッチングを効率化するサービスの開発を進めている。

オンラインショップ担当でITに目覚める

-ファッションデザインを学んでいた学生時代の靴好きが高じて、卒業後すぐ靴メーカーへ就職されたとのこと。当時は珍しい進路だったそうですね。

はい。そもそも靴メーカーからの求人がなく、自分で調べた会社に「働きたい」と手紙を書いて採用してもらいました。1990年代半ば、当時は三原康裕さん(ファッションブランド「ミハラヤスヒロ」のデザイナー)が靴のインディーズブランドを立ち上げて、新たな試みとして注目されていました。通っていた学校でも靴に関する学科はまだなく、私はデザイン系の学校から靴づくりの世界に進んだ、はしりの世代にあたります。

それから靴のデザイナーとして通算7年、作り手として6年ほど働き、デザイン画や型紙を起こすところから縫製、仕上げ、生産管理、営業まで一通りを経験しました。1ミリ単位でこだわり抜いたデザインの靴がバイヤーの目に留まり、著名なセレクトショップに置いてもらったこともあります。

-何でもできる10年選手なら、社内でもリーダー格になりそうですね。

実は、靴作りに携わっていた13年間のうちに、私は勤務先の倒産を4度経験していますレディースシューズのメーカーはスニーカーなどと違い、世界的なブランドでも企業規模がそれほど大きくありません。特に日本の場合は歴史的な経緯もあって、従業員が10人に満たないような家族経営のメーカーがほとんどを占めています。景気のいいとき・悪いときの差が激しく、ある朝出社したら社長一家の姿がなく、前日まで工場にあった機械が全部消えていたこともありました。“夜逃げ”ですね。

ずっと生活が安定しない状況で疲労感もつのり、30歳を過ぎたところで「靴から離れよう」と決めました。それから2年半ほどは外回りの営業職として、通信会社がアプリで提供するサービスの加盟店開拓をしていました。まったく畑違いの世界をあえて選んだのは、靴業界にいたころオンラインショップを任され、ウェブサイトを修正する費用の高さに驚いたことがきっかけです。漠然とですが「これからはIT関係のビジネスが分かっていないと怖い」と感じていたんですね。

波乱から生まれた独立志向。業界を離れて見えたアイデア

-起業はいつごろ考えだしたのですか。

靴メーカーにいたときから「会社の都合で仕事を失いたくない、独立したい」という思いはありました。ただ「靴を作る・売る」という手持ちのスキルでそのまま開業しようとすると仕入れや設備投資の費用が大きくなるので、リスクを考えると踏み切れませんでした。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会