体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

輪入道『27歳のリアル』で再評価されるラッパー「狐火」の世界 

輪入道『27歳のリアル』で再評価されるラッパー「狐火」の世界 
狐火
人気番組『フリースタイルダンジョン』のモンスターとして人気を集める輪入道が、なんと狐火27才のリアル」をカバー。

2017年末のことだったが、改めて数々のラッパーに影響を与えた狐火の「27才のリアル」、そして空也MCのバージョンを紹介する。

すでに10年選手、輪入道の八面六臂の活躍

人気ラッパー、輪入道の新曲「27歳のリアル」が一部で話題を呼んでいる。

輪入道は千葉県出身のラッパーだ。MCバトルを中心に活動しており、27歳にしてすでに10年のキャリアを誇る

2017年の「KOK」(KING OF KINGS)でも準優勝に輝いたが、「THE罵倒」や「B BOY PARK」といったMCバトルでの優勝経験もあり、精力的に音源もリリースする。

中でもYuto.comが手がけた「徳之島」は、輪入道が徳之島で出会った温かい人々に捧げられた人気曲。


哀愁漂うトラックに「仁義」を感じさせる輪入道のリリック。バトルで輪入道のファンになったという層からも強く支持されている。

輪入道は最近では、その人気と実力から『フリースタイルダンジョン』の二代目モンスターに抜擢もされた。中山美穂がラップを披露して話題となった『世にも奇妙な物語』の「フリースタイル母ちゃん」などにも出演している。20代のラッパーの中では期待のホープだ。

輪入道が吐露する「27歳のリアル」

そんな輪入道が選んだ新曲は狐火の「27歳のリアル」のカバーだった。しかしカバーとは言っても丸々コピーというわけではない。輪入道自身によって一語一語新たに紡がれた言葉が並ぶ。

意外だった。この曲に映ってるのは、筆者の知っている輪入道ではない。輪入道はいつだって威勢があって、顔と髪型が勇ましく、酒が強くて、ラップが上手くて、でも仁義に溢れたラッパーだと思っていた。

でも「27歳のリアル」の向こう側にいる輪入道はちょっと違う。

会社を辞め、音楽で生計を立てることを選びながら、不安に打ちひしがれる。その姿を恥じることなくこの曲ではさらけ出している。これが『フリースタイルダンジョン』でチャレンジャーの前に立ちはだかる輪入道と同じ人物だと誰が思うだろう

〈仕事が欲しい〉と心の底からシャウトし続ける。バトルで見る、自信に満ち溢れた彼の姿はそこにはいない。震えながら笑ってラジオの仕事をこなしたと、等身大の己の気持ちを吐露する。人気番組のレギュラーも獲得し、冠番組も持った彼は、〈でも思うんだ/いつまでこんな生活続けられるのかな〉と漏らす。

しかしそこにあるのは不安だけではない。〈やっぱ好きなことで稼ぎたい〉決意にも覚悟にもとれる輪入道の暑苦しい想いが伝わってくる。弱さを開き直るのではなく、「弱さを晒すことができる『強さ』」を見せつける。まさに揺れ動く「27歳のリアル」だ。

〈CD買ってくれてありがとう/Tシャツ買ってくれてありがとう〉その利益一つ一つが輪入道の生活の糧となっていることに改めて感謝の気持ちを込めながらラップしており、輪入道の人間臭さが漂っている。この曲をきいてより一層輪入道が好きになった。

「27歳のリアル」狐火が積み上げてきたもの

この曲のオリジナルを歌っているのは狐火だ。狐火はポエトリーリーディングラッパーを自称する変り種のラッパーである。アルツハイマー病の祖母についてラップで歌った「マイハツルア」で注目された。

1 2次のページ
KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。