体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビール危機真っ只中! 高アルコールで勝負を賭ける『キリン のどごし STRONG』、「のどごし」シリーズ飲み比べでその変化を検証!

現在、ビール類市場に改革の嵐が吹き始めているのをご存知だろうか。昨年6月、改正酒税法に伴ってビールや発泡酒、新ジャンルが続々値上がりしたのだ。その先には発泡酒を含むビール類の酒税一本化もあって、消費者のビール類離れが進んでいると言われている。そこでキリンビールが取った対策は、自社ビール類ブランド「キリン のどごし」2018年1月23日に新商品を投入すること。ストロング系缶チューハイがブームを呼んでいる昨今、ビール系でも高アルコールの『キリン のどごし STRONG』を生み出したのだ。そこで、現在発売中の「キリン のどごし」シリーズ3種類と合わせて、4本の飲み比べを敢行した。果たして一本でしっかり酔えるストロングなビール類になっているのだろうか。

 

ストロング系缶チューハイブームでわかる通り、消費者はコスパ重視。だから今こそ”ストロング”なビール類が必要なのだ!

日本の経済状態は、ごく一部の富裕層と大多数の貧困層で形成される格差社会となった。にも関わらず、国の税制は「取りやすいところから取る」という方針を変える気配はない。そこで消費者は、高級路線から「美味しくて」「手軽に酔える」というストロングRTD(缶チューハイ、カクテル類など)の購入へと移り変わりつつある。その特徴は、アルコール度数7%以上の高アルコール系飲料であること。つまり、従来の商品に比べ、少ない本数で酔うことが可能なるため、結果としてコストパフォーマンスに優れるということになるのだ。

しかし、ビール類のこうしたストロング路線は、いまだ未開発の分野となっている。現在では、サントリーのビール類「頂」がアルコール分7%の高アルコール系ビール類として先行しているのみ。そんな高アルコール系ビール類の市場にキリンビール(東京都中野区)が斬り込む。同社の新ジャンルブランド「キリン のどごし」シリーズにアルコール度数7%の『キリン のどごし STRONG』(350ml缶/500ml缶・実勢小売価格 税込145円前後/203円前後・2018年1月23日発売)を市場投入するのだ。同社によると、アルコール度数を高めることで「飲みごたえ」を実現。さらに、高発酵技術でキレをアップさせ、後味もスッキリ。また、発酵により生まれる香りを複数のアロマホップの香りに調和させた飲みやすい新ジャンルに仕上げたという。

というわけで、現在の「キリン のどごし」シリーズは定番の「のどごし<生>」と、糖質・プリン体・人工甘味料ゼロの「のどごし ZERO」、期間限定商品の「のどごし 華泡」に加え、この「のどごし STRONG」で4種のラインナップとなる。そこで、今回はそれぞれどんな特徴があるのか、その違いは何かを飲み比べて比較・検証してみることにした。

 

まずは見た目のチェックから!

パッと見、「のどごし 華泡」の色が薄い以外、特徴らしい特徴を見出すことはできない。

缶のデザインは、「のどごし STORNG」がブラックを基調に、商品の特徴を瞬時に伝える「STRONG」と「ALC.7%」が大きく配置されており、いかにも強そうな印象を受ける。また、「のどごし 華泡」は輝く星空や赤いリボン、弾ける気泡がデザインされており、華やかさが特徴となっている。「のどごし<生>」「のどごし ZERO」は定番のデザインで、これまでのブランドイメージそのままといったパッケージデザインだ。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。