体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Googleカメラのスマートバーストとスローモーションはモータースポーツの場で役立つ

Nexus や Pixel、Android One などに提供されている Google 純正カメラアプリ「Google カメラ」のスマートバースト(連写)やスローモーション機能を使うと、レーサーが疾走するモータースポーツのシーンで、どんぴしゃの写真を撮影できる他、派手なアクションをスローで捉えることができます。使い方を把握しておくといざという時に役立ちます。上記 2 つの機能は Google カメラに標準で備わっており、「スマートバースト」はシャッターボタンを長押しするだけ。また、「スローモーション」はスライドメニューの「スローモーション」をタップするだけで利用することができます。「スマートバースト」は意外と機能が充実しており結構役立つと思います。まず、シャッターボタンを押して離すまでに撮影したフレームは一つの写真として Google フォトに表示されます。そこで下部のサムネイルをスライドするとフレームごとにシーンを見返すことができ、さらに Google フォトのメニューからベストショット以外を削除する、ベストショットをメイン画像にする、よく撮れた数枚の写真を残し後は削除する、全てのフレームでアニメーションを作成することも可能です。「スローモーション」は単に 240fps で動画を撮影するだけでなく、プレビュー時には動画の一部分だけをスローにして後は通常速度で流す見方ができます。一部分だけをスローにした状態の編集はできませんが、スローモーション動画はプレビューを繰り返し行うものなのでその機能は不要かもしれません。次の動画は上記 2 機能のデモ動画です。

■関連記事
Androidデバイスのアカウントが削除できない場合の対処法
Google、Android Wear 2.8を正式リリース
Kate Spadeが女性向けのAndroid Wearスマートウォッチ「Scallop」を発表

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会