体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

喘息患者にありがたい!FDA認可のネブライザ「Avya」はどこでも吸入できるポータブルサイズ

喘息を患うなど呼吸器系が弱い人にとって、症状がでたときにお世話になるのがネブライザ。細かい霧を発生させ、それを吸入することで症状を抑制できる。

そのネブライザ、病院などにある据え置き型ではなく、どこにでも持ち運べるように開発された「Avya」を今回は紹介しよう。

ナノ粒子の噴霧を発生させられる、米国食品医薬品局(FDA)認可の装置だ。

・違和感にすぐに対処

アレルギーや、大気汚染などにより、世界的に呼吸器系疾患の患者は増えているのだという。

そこで、ニューヨーク拠点の医療スタートアップAura Medicalが開発したのが、充電式バッテリーで作動するポータブルな「Avya」。

鼻や喉に違和感を感じたら、すぐに取り出して使えるというのがセールスポイントだ。

・噴霧の温度調整も

使い方は至ってシンプル。専用の食塩水を装置に入れ、電源をオンにするだけ。Avyaにはヒーターが内蔵されていて、細かな噴霧がつくられる。

あとは、鼻から吸入すると、噴霧が気道に広がって症状が抑えられる。ちなみに、噴霧の温度は調整できるようになっている。

症状はいつ出るかわからない。特に子どもの場合は急な発症が多い。日常でも、旅行でも使えるこうしたネブライザがあると安心だろう。

Avya は現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達中。すでに目標額は達成して商品化はほぼ確実な情勢だ。現在、149ドル(約1万7000円)の出資で入手できるので、症状に悩む方はチェックしてみてはどうだろう。出資期限は3月15日。

Avya/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会