体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

任天堂スイッチ+段ボールで遊びをクリエイトできる工作キット、4月発売

任天堂が、スイッチで新たな遊びを提供する。段ボールでピアノやバイクなどをつくり、スイッチと連動させて楽しめる工作キット「Nintendo Labo」を4月20日に発売すると発表した。

つくる、楽しむ、学ぶ、を体験できる高度な知育玩具として注目を集めそうだ。

・親子で楽しめる!

キットは、段ボールや輪ゴムなどの材料と、スイッチ用ソフトがセットになっている。

切り目が入った段ボールを組み立て、ひもを通したりして「Toy-Con」と呼ばれるコントローラーをつくる。それにスイッチを連動させて遊べるようになる。

つくる過程で構造や仕組みなどが学習でき、親子で楽しむのに良さそうだ。

・まずは2種類発売

キットは2種類。1つはピアノや釣竿がつくれるバラエティキット、もう1つはロボットキット。いずれも4月20日発売で、価格はバラエティが6980円、ロボットが7980円(いずれも税別)。

それとは別に、マスキングテープやシールなどが入った「デコるセット」も発売される予定。

なお、サイトではNintendo Laboをいち早く体験できるイベントに参加する親子を募集中。1月31日までエントリーを受け付けているので、気になる人は早めにサイトをチェック!

Nintendo Labo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。