体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

時間帯によって文字盤の濃淡が変わる壁掛け時計「DUSK」がおしゃれ

部屋に置く時計に余計な機能はいらない。しかし、インテリアの一部として、ひとひねり欲しい−。

そんなミニマリストに今回紹介したいのが、クラウドファンディングサイトKickstarterにこのほど登場した壁掛け時計「DUSK」。

デザインは極めてシンプルだが、なんと時間帯に応じて文字盤の色が変わるというものだ。

・透明から真っ黒へ

DUSKの文字盤には数字すらなく、長針と短針が付いているのみ。針が動いて時間を刻むというアナログな時計だ。

一見、何の変哲も無い時計に見えるが、DUSKは時間ととも文字盤の色が変わるのが売り。

朝早い時間帯はグレー、次第に透明になり、夕方くらいから不透明に。夜は黒くなる。つまり、午後2時のときの文字盤は透明、夜中2時だと真っ黒というわけだ。

・単三電池1本で動く

時計の大きさは直径30センチで、重さ450グラム。単三電池1本で動く。

材質は偏光アクリルで、そのほかに特別な機能はなく、実用性よりデザインを重視する人のための時計といえる。

デジタル全盛の時代にあって、このシンプルさがいいのか、Kickstarterではすでに資金調達の目標額を達成。現在は60ユーロ(約8100円)〜となっている。

出資は2月18日まで受け付け、発送は今年8月を予定している。気になるミニマリストはサイトをチェックしてみて。

DUSK/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。