体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ツインテールでニット帽!?『Cuelitt(キュリット)ツインテールキャップ』の機能性が、想像以上にスゴかった!!

 

ツインテールといえば、手軽でかわいいヘアスタイルの代表格。ただし、冬に帽子を被ろうとすると、いろいろと難点が…。そんな中、ツインテールのままかぶれるニット帽『ツインテールキャップ』がこの秋(2017年)から日本にもお目見え。ツインテール×キャップが両立できる、新感覚のニット帽を試してみた!

ツインテール×ニット帽!ヘアメイクするニットキャップが誕生

『ツインテールキャップ』は、株式会社コカジ(大阪府箕面市)のキャップブランド「Cuelitt(キュリット)」の第一弾アイテム。グローバル企業の企画、ファッションデザインなどを手がける株式会社ブラウニー(大阪市)と共同開発した。

コンセプトは“ヘアメイクするニットキャップ”。最大の特徴は、ニットキャップの外に毛束を出せるスリットが開いていることで、ニットキャップを被ったままツインテールが楽しめる!

ツインテールとは、耳より高い位置でする二つ結びで、アイドルやモデルなど若い女性に大人気のヘアスタイル。手軽でキュートなアレンジだが、帽子を被るとアレンジが崩れてしまうのが難点。そんなジレンマを解消すべく誕生したのが『ツインテールキャップ』なのだ。

 

幅広いラインナップも魅力!実際に被ってみると…?

『ツインテールキャップ』は、とにかく種類が豊富。10代女子向けのデザインから、大人女子でも被れるシックなものまで、好みに応じて選ぶことができる。

 

<ツインテール ケーブルニット>

さっそく『ツインテール ケーブルニット(2717C01)WH』(税別3,400円)で機能面をお試し。今年大流行のケーブル編みで、縄の目のような模様が特徴のシンプルなデザインだ。同じくニットキャップを被ったネコがデザインされ、遊び心もバッチリ。日常使いはもちろん、スノボやゴルフなどアクティブなシーンで使用できるのも嬉しい。

 

子ども用の『ツインテール ケーブルニットキッズ(2717C10K)』(税別2,900円)もあるので、親子コーデも楽しめる!

それでは、実際にかぶってみよう。まずは通常通りにツインテールをしてからニット帽を被り、耳の上に空いているスリットから結んだ髪の毛を引っ張り出す。スリットは縦5cm程度の大きさがあるので、その範囲内で結ぶ高さは自由に調節できる。

 

ニットキャップを被っているのに、ツインテールのかわいらしさが演出できるなんて不思議…。ただのツインテール+キャップというだけでなく、“新たなヘアスタイル”が完成したような感覚だ。

1 2 3 4次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。