体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

最新のマスク『超快適 息ムレクリアタイプ』は、マスク着用時に気になる“息ムレ”を解消して快適に!

すぐに春、花粉やPM2.5が気になる季節がやってくる。そうでなくても外出時のマスク着用が欠かせないという人は増えているが、どうしても気になるのが“息ムレ”。眼鏡をかけている人なら分かると思うが、マスクを着用するとレンズが曇ってしまって不快な気分になることも多い。これは、マスク内が温かい息でムレてしまって、湿気がマスクから上がってきているからだ。そんな“息ムレ”を大幅に解消したユニ・チャーム『超快適 息ムレクリアタイプ』が新発売。マスク派が待ち望んだアイテムの登場だ!

 

息苦しさがほとんどないから真夏でもスポーツ時でも使えそう

近年、女子高生などを中心にマスクの着用意識が高まっている。冬場のこの時期、通勤・通学時、オフィス・学校内でマスクを着用する人が多いのは昔からとして、早春から初夏にかけてはスギ花粉やPM2.5を防ぐために、さらに夏場も埃やハウスダスト対策やエアコンの風による乾燥を防ぐためにマスクの着用が進んでおり、マスクはもはや一年中着用され、日本人の象徴といったイメージさえ世界中に浸透しているようだ。

1年中マスクを着用する人も増えた。

しかし、これまでマスクに対する不満点として「息がこもってムレてしまい、息苦しくて困る」「耳にかけると痛くなる」といったものが挙げられていた。こうしたマスクユーザーのニーズに応えるべく、使い捨てタイプのマスクでメーカー売り上げNo.1を誇るユニ・チャーム(東京都港区)から『超快適マスク 息ムレクリアタイプ』(5枚入り・小さめ/ふつう・オープン価格・2018年1月9日発売)が新発売。特徴は、同社独自の新技術「超息らくフィルタ+内側メッシュガーゼ」の搭載である。

 

 

通気性実験のようす。マスクの下からドライヤーで風を送って円筒の中のウレタンがどうなるかを実験。この「超快適マスク 息ムレクリアタイプ」が、どのくらい通気性が優れているか、従来品と実験したのが上の写真。マスクの下からドライヤーで風を送ると、円筒の中のウレタンが勢い良く舞い上がった。ちなみに、同社調べでは同社従来品に比べ「ムレない」と回答した人が2.57倍、「息苦しくない」との回答は2.12倍だったという。

 

実際、記者もこの「超快適マスク 息ムレクリアタイプ」をかけて5kmほどランニングしてみた。春先など、ランニング時は呼吸が増えるため花粉やホコリなどを体内に吸入するのを防ぐ目的で、マスクをして走ることが多いのだが、いかんせん息苦しくて途中で外してしまうことがほとんど。しかし、この「超快適マスク 息ムレクリアタイプ」なら、まるでマスクをしていないような感覚で呼吸できた。正直、ちょっとビックリするレベル。これは1月中旬に出場を予定しているハーフマラソンの大会で使いたいと思っている。


1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。