体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自転車だけでなくバイクにも?ワンタッチ操作の小型自動空気入れ「BERKUT SPECIALIST」

自転車のタイヤは、空気が抜けたら空気を入れるというのが当たり前。ただ、実は空気圧を調整することで乗り心地やタイヤの寿命まで左右してしまうということをどれだけ多くの人が意識しているだろうか?

空気入れは普段もち歩くものでもないため、つい定期的な調整を怠ってしまう。しかし、Makuakeで既に目標金額に到達したロシア産の空気入れ「BERKUT SPECIALIST」があればその心配もなさそうだ。

・バッグに入るコンパクトサイズ

まず特筆すべきはそのサイズだ。BERKUT SPECIALISTは、長さ246mm、直径31mmという円筒形の超小型空気入れで、充填ホースを足しても重さは約410gほど。

自転車のフレームに取り付けたり、バッグの中に収納しておけば、いつでもどこでも空気調整が可能となる。ワンタッチのボタンで空気充填を開始し、26インチのタイヤに空気を完全に充填するのに約2分ほどだ。

・バイクや車のタイヤの空気まで入れてしまう

ただの空気入れではなく、エアコンプレッサーなので、実はこの空気入れはバイクにも使える。1回の充電でスクーターなら4〜5本、スポーツバイクなら約2本分のタイヤの空気充填が可能。

ちなみに公式では勧めていないが、実験では車のタイヤの空気入れも披露しているほどのパワーなのだ。外出中にこれ1本もっておけば、いざというときにタイヤの空気圧が足りず困るということもなくなるのではないだろうか?

なお、フル充電に要する時間は約2時間で、連続稼働時間は8分だ。LEDライトも搭載されているので、暗闇の中でも使えるのは気が利く仕様といえるだろう。

BERKUT SPECIALISTは1台税込7980円で出資注文でき、2018年4月中に配送予定のようだ。本格的な空気入れを探していた人にこそぜひ使ってもらいたい。

執筆:Doga

BERKUT SPECIALIST/Makuake

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。