体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

百名ヒロキ――ガジェット男子 特集:舞台『GANTZ:L』玄野計

dsc_0375

拡散する写真集「GetNews girl(ガジェット女子)」のメンズ企画「GetNews boy(ガジェット男子)」に、1月26日より上演となる舞台『GANTZ:L』の主人公・玄野計を演じる百名ヒロキさんが登場。

dsc_0371 dsc_0396

百名さんにとって初主演作品となる本作は、奥浩哉先生の人気漫画が原作。「話を聞いた時はビックリしました。え!? 『GANTZ』の誰役かな?と思ったらまさかの玄野で。元々原作の漫画を友達と貸しあったり、学校帰りに電車で読んだりしていたので、今回のお話をいただいて『え、本当かなぁ?』と驚きましたね」と百名さん。

dsc_0389 dsc_0353 dsc_0382

「主人公の玄野くんが最初はヘタレで人間ぽいところがすごく好きでした。ヘタレで人間臭くて純粋で、それが複雑な戦いなどを通して成長していく。最初はただ敵を倒すのが楽しいだけだったのに、それがいつの間にか人を助けて求められるのがカッコイイな、面白いなと思いました」

dsc_0401 dsc_0366 dsc_0378

「玄野くんは汗をかくのが苦手なので、僕も役作りで汗をかかないように気をつけないと(笑)」

dsc_0387

実写映画化やアニメ化、パチンコ化など広く展開されているので、その中の1つの舞台化と捉えてプレッシャーとかはなく、嬉しいですね。学校帰りの電車で一緒に『GANTZ』を読んでいた友達に早く教えたいです。「玄野やるんだよ」って。「お前ずりーよ!」って言われると思います(笑)。だから観に来てくれるファンの方を裏切らない身体能力の高さを身につけるために、鍛えないとな、と思いますね。
僕は主演ということは関係なしに、頑張ることしかできないので頑張るのみですけど、きちんと玄野くんになりたいです。『GANTZ』の世界を楽しく生きたいですね。

明日は加藤勝役の高橋健介さんが登場です!

インタビュー記事はコチラ↓
撮り下ろしインタビュー:舞台版『GANTZ』玄野計役・百名ヒロキ 初主演に「ヤバイな!」
http://otajo.jp/70795[リンク]

[撮影:周二郎]

【作品名】「GANTZ:L」-ACT&ACTION STAGE-
【公演期間】2018/1/26(金)~2/4(日) 全12公演
【劇場】天王洲 銀河劇場
【原作】奥浩哉「GANTZ」(集英社刊)
【演出・脚本】鈴木勝秀
【アクション】清水順二(30-DELUX)

公式HP
http://www.gantz-l-stage.com

(C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:L」製作委員会

nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。