体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東京駅の床にあるこの印、何だかわかりますか?〜実はあの衝撃の事件現場!〜【東京ミステリー】

【東京駅で初詣!?】東京駅の十二支ミステリーに迫る


スカイツリーが建っても未だに健在な東京のランドマーク「東京タワー」。あの特別展望台の上の部分は、戦車の鉄材から作られているって知ってましたか? 


朝鮮戦争で壊れた大量のアメリカ軍の戦車が鉄材として使われているんです。ちなみにこの東京タワー、写真を見ると赤っぽいオレンジと白の二色が7等分に塗り分けられています。昔はもっと塗りの感覚が狭くって11等分でした(1986年まで)。筆者の母がもっと昔はシマシマだった気がする、と5年前ぐらいに言い出して痴呆を心配したのですが、調べて見ると本当でした!

私たちにとって身近な場所やモノには、意外と知られていない歴史が潜んでいるかもしれません。

この連載では、歴史学者の三石晃生教授と「知らなくても困らないけれど、知っていると世界が楽しくなるかもしれない」をコンセプトに世界のあちこちを調査していきます。三石教授は、TEDxTokyo yzにも登壇された、世界初の歴史コンサルタント会社(株)goscobe代表取締役でもあります。
 

新しくなった東京駅、行きました??

今回、三石先生と訪れたのは丸の内駅舎に隣接する駅前広場が完成したばかりの東京駅。日本の玄関口である東京駅は、近代建築の父・辰野金吾(1854〜1919)が設計し、1914年(大正3年)上野と新橋を結ぶ中央駅として誕生。そこには近代建築の父の想い、そして日本を変えた歴史が隠されていたのだった。

筆者(以下、こし):なんかこう、クリスマス! って感じがしますねー。

三石:東京駅が赤レンガに白いストライプを巡らせたクリスマスカラーだからねー。辰野金吾の建築の代表格。まさに辰野式!

こし:東京駅といったらレトロな赤レンガ駅舎ですよね。辰野金吾設計の赤レンガ駅舎は関東大震災後も残ったんですよね。

三石:そうそう。震災は大丈夫だったのだけど戦争の空襲でドーム型屋根がやられちゃって。それでも列車の発着ができる程度には残ってたらしい。

こし:こんな見た目でも意外とタフ! じゃあ、あのドームの屋根は2012年の大改修で1914年の竣工当時に戻したんですね。

三石:うん。改修以前の東京駅って三角屋根だったの覚えてる? ドーム部分は戦後にとりあえずというので、三角屋根にして本当は3階建てだったのを2階建ての建物として使ってたの。写真を比べてみると2階と3階なので大きさが違うでしょ?

こし:これだけで雰囲気が全然違いますねー。一気にカッコよくなった。

【東京駅で初詣!?】東京駅の十二支ミステリーに迫る
旧駅舎

【東京駅で初詣!?】東京駅の十二支ミステリーに迫る
新駅舎 (C)koshi

三石:修復工事でわかったことがあって、基礎部分が松の丸太だったらしい。江戸時代の城の建築技法でも松の丸太をタテに入れて基礎にする工法があるのだけれど、大正モダニズム建築の代表格の東京駅でも江戸時代の技法が使われていたんだって。

こし:そういえば新丸ビルのオフィス通用口あたりにも旧丸ビルの基礎の丸太を展示してありますよね。

三石:松の木は耐久性が高いから100年も前なのにほぼそのまま残ってるんだよね。

東京駅100年のミステリー

三石:竣工当時に復原されたポイントとして見てほしいのは、ドーム天井。天井の真ん中は駅だけに車輪をモチーフにして、その周りにあるのはクレマチスの花のレリーフ。クレマチス、花言葉は「旅人の喜び」。

こし:ちゃんとした意味があるんですね! ドームは南と北、両方ありますけど、両方同じなんですか?

三石:両方同じですよー。あ、人に気をつけて見上げてみて。天井は8角形でそれぞれの隅に、干支のレリーフを見ることができます。これも東京駅が空襲される前の意匠です。

こし:天井は8角形なので干支のレリーフは全部で8つ。干支だとすると 4つ足りないですよね。残りの4つ、どこにあるんですか? 隠れミッキー的な?

【東京駅で初詣!?】東京駅の十二支ミステリーに迫る
ドーム (C)koshi

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。