体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

推定300体以上のエイリアンを一機の戦闘機で返り討ちにする、オシャレな”ばくれつ”シューティング『Graceful Explosion Machine』

image26
 
『Graceful Explosion Machine(グレイスフル エクスプロージョン マシーン)』は、カナダのインディーデベロッパー「Vertex pop」開発によるシューティングゲーム。2017年4月6日、北米でNintendo Switch向けダウンロードソフトとして発売された。
日本では7月28日、インクを撒き散らすイカが再臨して間もない時期に発売。その二週間後の8月9日にはPlayStation 4、PC(Steam)向けにも発売されている。

日本語版のローカライズ及びパブリッシングは、当もぐらゲームスでもレビューを掲載している『Salt and Sancturary』などで知られる架け橋ゲームズが担当。
 
image3
 
宇宙科学の発展により、人類が外宇宙への進出を果たした未来。
同時にエイリアンの脅威も増大し、彼らに対抗する為の戦闘機の開発・研究も推し進められ、先進的な一人乗り戦闘機「GEM(ジェム)ファイター」が完成されるに至る。

そんな「GEMファイター」を数機積載し、惑星間の高速移動を可能とする「ワープクリスタル」を四つ搭載、更には生活環境をも整えた大型輸送船が銀河を航行していた。
 
image21
 
だが、そこに突拍子なくエイリアンの大群が襲来!
 
image1
 
大型輸送船は成す術もなく集中砲火を浴び、撃墜されてしまった。
積載されていた「GEMファイター」もほとんどが大破。
更に輸送船に搭載した「ワープクリスタル」もエイリアンの手に渡ってしまう。
 
image17
 
しかし、辛うじて一機の「GEMファイター」が襲撃を免れる。
 
image25
 
かくして生き延びた「GEMファイター」とそのパイロットは、奪われた「ワープクリスタル」を取り戻し、地球への帰還を果たす為、エイリアンが逃げ込んだ惑星へと向かうのであった。

以上が大まかなストーリーとなる。

四種類の武器を使い分け、エイリアンの大群を捌き切れ!

image22
 
内容としては任意スクロール型の2Dシューティング。360度自由に動き回れるステージを舞台に、自機「GEMファイター」を操縦し、迫りくるエイリアン軍の全滅を目指す。
 
image10

1 2 3 4次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。