体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

半径15メートル全員即死! 批評家満足度90%の“接近禁止”SFスリラー『(r)adius ラディウス』[ホラー通信]

触るもの皆傷つけけるようなトガッた青春時代を送ってきた方もいるかと思いますが、触るどころか近付いた人間がバタバタと死んでいってしまうSFスリラーが登場いたしました。2018/1/6よりスタートの特集上映『未体験ゾーンの映画たち2018』より、『ラディウス』のご紹介です。

交通事故を起こし記憶を失くしたまま目覚めた主人公のリアム。助けを求め近くの町に入りますが、目にするのは住民の死体ばかり。謎のウイルスか何かによって人々が死亡したのかと疑うリアムでしたが、ようやく見つけた生存者が自分に近寄ろうとした途端に死んでいくことから、“自分の半径50フィート(約15メートル)以内に近寄った者は皆死んでしまう”という衝撃の事実に気付きます。

誰の助けも借りられず困惑するリアム。しかし、そこで現れたのが半径50フィート以内に近付いても死なない女性ジェーン。同じく記憶を失っている彼女とともに、この謎を解き明かそうとしますが……。


予告編はこちら。何が起こっているか分からないリアムがうかつに人に近付き、あちこち死体だらけになっている様がなかなかにゾッとします。“吸い取るように”命を奪われていく住民たち。唯一死なないジェーンは、どうやらリアムの起こした自動車事故に同乗していたようですが……?

監督は、カナダをベースに活躍するキャロライン・ラブレシュ&スティーヴ・レナードのコンビ。主演は『パシフィック・リム』で主人公の兄ヤンシーを演じたディエゴ・クラテンホフ。
こちらの作品、映画レビューサイトRotten Tomatoesで批評家満足度90%となかなかの好記録。[リンク]観客の好みは若干別れているようですがあなたはどちらかしら?

映画『(r)adius ラディウス』は1/16より、特集上映『未体験ゾーンの映画たち2018』にて上映です。どうぞお楽しみに!

『未体験ゾーンの映画たち2018』公式サイト:https://aoyama-theater.jp/feature/mitaiken2018

ホラー・カルト映画&ホラーエンタメ情報の『ホラー通信』はこちら – http://horror2.jp[リンク]

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。