体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

どうみてもクリスマスツリー?「いえ極楽の宝樹です」 北九州・永明寺住職のツイートが話題に

xmas_eimeiji_01

福岡県北九州市にある浄土真宗本願寺派の永明寺(えいみょうじ)。以前にはマラソン大会で『けものフレンズ』に合わせて「すっごーい!マラソンたーのしー!」という横断幕を掲げたことで話題になったお寺です。

参考記事:「すっごーい!マラソンたーのしー!」横断幕の実態は? 北九州・永明寺の住職に聞いてみた
http://getnews.jp/archives/1643125 [リンク]

自由な発想を持っていることが垣間見える永明寺ですが、その松崎智海住職(@matsuzakichikai)が次のようにツイート。


仏典によると阿弥陀仏のおられる極楽浄土には金、銀、瑠璃、玻璃、珊瑚、瑪瑙、硨磲の7つの宝でできてる宝樹があるんだそうです。それが七重に並んでるのだとか。素晴らしいですねぇ(^^)

ちなみに極楽の宝樹を仏花で再現してみたものがこちらです。

宝樹を仏花で再現……。どう見てもクリスマスツリーですが、「なんか見た事ある」「異教の香りがする」というリプライに対して松崎住職は「気のせいだと思います」「断じて仏教の匂いしかしません」はかたくなに否定して、「この時期、街には七宝樹がたくさんあるなぁと思ってます」としれっとツイートしています。

「クリスマスツリー」だという反応が多かったことに対して松崎住職はさらにアップデートした画像つきでツイート。


以前のツイートで浄土の宝樹を模した仏花を作ったとつぶやきましたが、「クリスマスツリーではないか」とのご指摘がありました。うちはお寺なのでありえないことですが、時期的なものもあるのでしょうし、余計な誤解を生まないよう仏教のシンボルである「法輪」をつけました。これなら大丈夫でしょう。

クリスマスツリーのてっぺんには星が飾られるものですが、仏教の法輪をつけて「※これは仏花です」と主張。松崎住職によると、筒にヒバを6本束ねて法輪は百均で購入したものだということ。これにも「煽っている」「面白すぎる」といった反応があったほか、山下達郎さんの名曲「クリスマス・イヴ」になぞらえて「サイレンナイト、法輪ないと♪」といったリプライもありました。

「チャレンジスピリットが好き」「他教徒の人にも喜ばれそう」という声が上がっていた永明寺のクリスマスツリー、もとい極楽の宝樹。さまざまな宗教が共存している日本ならではの取り組みといえるのではないでしょうか。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/matsuzakichikai/status/943768809059500032 [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。