体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

三月兎撤退と共に消えた幻のレトルト「スープカレーカムイ」の販売が復活……っ!

curry

「秋葉原でオススメのカレー屋は?」と聞かれたときに、必ずと言っていいほど名前が挙がる「スープカレーカムイ」。JR秋葉原駅・電気街口を出て万世橋を越えた先にある、知る人ぞ知る名店だ。

「スープカレー」というと、馴染みのない方にとっては「薄い」「満足感が少ない」などのイメージを持つかもしれない。実際、筆者もこの店で食べるまでは、そのようなイメージを一方的にもっていた。

しかし、カムイのスープカレーは濃厚かつ、旨味が非常に強い。南インドカレーをベースに和洋のエッセンスを加えた濃厚系スープカレーとなっている。公式紹介によると、「味の決め手はスープストックとグルビー。丸鶏、豚げんこつ、香味野菜などを煮込んだダシ汁『スープストック』と、大量の玉ねぎをスパイスで炒め、トマトやヨーグルトを加えたカレーペースト『グルビー』は、毎朝店で仕込んでおります」とある。

と、色々とうんちくはあるが、とにかく一口で「なにこれ美味い」となる。その証拠に、一度食べた方のリピート率は尋常ではない。

消えたレトルトを探せ!

そんな、多くのファンを持つ「スープカレーカムイ」。実はレトルト版も存在し、店内で販売されている。大変人気の商品で、一時期は秋葉原の名物電脳雑貨屋「三月兎」でも取り扱われていた。

しかし、「三月兎」は2017年1月をもって秋葉原から完全に撤退。それに伴い、カムイのレトルトの販売も一時的に中止となった。

それから約1年。再販を求める声も多かったようで、筆者が「スープカレーカムイ」を訪ねると、別の場所でレトルトの販売が始まることを教えてくれた。

その場所は、今秋葉原でも注目を集めている大手ホビー通販サイト「駿河屋」。通販はもちろん、秋葉原のリアル店舗でも取り扱うことが決まっている。公式情報によると、すでに販売は開始されており、秋葉原の各店、および静岡本店にて取り扱っている。通販に関しては駿河屋の公式HPから参照してほしい。

なかなか「スープカレーカムイ」のお店に行けない、という方はぜひ利用しよう。

■取扱通販サイト
スープカレーカムイ オリジナルレトルトカレー チキンスープカレー 500円(税抜)
https://www.suruga-ya.jp/product/detail/654002166000 [リンク]

スープカレーカムイ オリジナルレトルトカレー ポークスープカレー 600円(税抜)
https://www.suruga-ya.jp/product/detail/654002167000 [リンク]

※商品画像は通販サイトより引用
―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: sasuke_in) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。