体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まちづくり・地方再生で注目を集める嶋田洋平さん 活動を追うドキュメンタリー映画『建築をあきらめる(仮)』

建築をあきらめる(仮)

皆さんは「リノベーション」という言葉を聞いて、どんなことを思い浮かべますか? 古いマンションの中をリノベーションする、水周りだけリノベーションした…などなど、“修復”の意味で使っている人が多いのでは無いでしょうか。

しかし「リノベーション」には“改革・刷新”という意味もあり、建物の機能や見た目を新しくきれいに修復するだけの意味だけにおさまらないのです。そんな一般的な概念を覆す、いや、本来の正しいリノベーションを自ら実践しているのが嶋田洋平さん。日本各地でリノベーションスクールを開催し、地方再生への取り組みを地域の皆さんと一緒に行っている建築家です。

現在、彼の挑戦を追ったドキュメンタリー映画『建築をあきらめる(仮)』のクラウドファンディングが展開中です。嶋田さんが行っているのはどんな事なのか? 色々とお話を伺ってきました。

建築をあきらめる(仮)

【嶋田洋平さんプロフィール】
1976年福岡県生まれ。東京理科大学理工学研究科建築学専攻修士課程修了後、建築設計事務所「みかんぐみ」チーフを経て、2008年らいおん建築事務所を設立。2012年北九州家守舎を、その翌年には都電家守舎を設立し、生まれ育った北九州市の小倉やそして家族と暮らす豊島区雑司が谷など、全国各地の縮退エリアでリノベーションまちづくりによる再生事業を行っている。小倉魚町での実践によって「国土交通大臣賞」「都市住宅学会業績賞」「土地活用モデル大賞審査委員長賞」「日本建築学会賞教育賞」を受賞。著書に「ほしい暮らしは自分でつくる ぼくらのリノベーションまちづくり」(日経BP社)、共著に「2025年の建築 七つの予言」(日経BP社)、「最高に気持ちいい住まいのリノベーション図鑑」(エクスナレッジ)等。

――嶋田さんが出演するドキュメンタリー映画『建築をあきらめる(仮)』のクラウドファンディングについて色々とお話を伺いたいのですが、最初のきっかけというのはどんなことだったのでしょうか?

嶋田:僕は最初テレビのドキュメンタリー番組に出たいと思っていました。でも、僕が一緒にリノベーションスクール等でご一緒している、「ブルースタジオ」の大島芳彦さんという方がいて、その方が『プロフェッショナル 仕事の流儀』に出演されて、それを見てあきらめました。なぜかというと、日本のリノベーション界を作ったのは大島さんなので、リノベーションのPR目的を考えたら絶対に大島さんが出るのが正しいと思ったんです。大島さんがゴールに近い場所にいるので、僕は後ろからボールを集める方にまわろうと。「よし、テレビのドキュメンタリーはあきらめた」と寝ながら考えた翌日に、大高健志さん(Motion Gallaly)と中村健太君(東京仕事百貨)に「嶋田さんを主人公とした映画を作りたい」と言われました。

――すごいタイミングですね。

嶋田:そう、不思議ですよね。何かを捨てると何かがやってくるというか。

――『建築をあきらめる(仮)』ってものすごいタイトルですよね。

嶋田:そうなんですよ、大反対しました(笑)。

――えっ、嶋田さんが考えられたわけではないと。

嶋田:そうです。猛反対しました。でもこれは映画なので、監督の作品ですからね。

Motion Gallaly大高さん:補足すると、「R不動産」の林厚見さんが「建築をあきらめたくなかったから、建築家をあきらめた。」とおっしゃっていて、その言葉に感銘を受けた中村君が、そのメッセージをキャッチーにタイトルで表現して『建築をあきらめる(仮)』になったそうです。

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。