体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クマとスパイ“真の英国紳士”はどっち?! パディントンVS.エグジー(キングスマン)

赤い帽子とダッフルコートがトレードマークで、おっちょこちょいだけれど誰にでも親切で皆から愛されるクマ・パディントン。スタイリッシュなスーツに身を包み、世界の脅威に立ち向かう“キングスマン”のスパイ・エグジー。人種もファッションスタイルも異なる2人ですが、二人とも“英国紳士”という共通点が。クマとスパイ、一体どちらが英国紳士と呼ぶにふさわしいのでしょうか?!

【アクション対決】
ウィンザーガーデンでブラウン一家と幸せに暮らすクマのパディントン。どこに行っても元気とマーマレードを振りまくパディントンは、今ではコミュニティの人気メンバーの一人です。そんな可愛らしいクマのパディントンは、一見、“アクション”とは程遠い存在のようにも思えますが、続編となる本作では、フルスピードで激走する列車から列車へ、トランクから取り出したハシゴを駆使して飛び乗ろうとするなど、アクロバティックな一面を披露!さらに人生初となるアルバイトに挑戦した際には、もふもふな身体全身をスポンジ代わりにして窓ガラスを掃除するような、身体を張る一面も。クマさんだからなしえる荒業(?)や、その奇想天外な発想、仕事を選ばない姿勢はエグジーに勝るか?!

一方、スパイ機関“キングスマン”の一員で、中でも一流エージェントのスパイ・エグジーは、スーツ姿という動きにくい服装であるにも関わらず、劇中ではキレッキレのアクションを次々と披露! 車内、ジャングル、雪山…どんな場所でも関係なしに繰り出されるアクロバティックで迫力満点なアクションと、時には謎めいたアイテムで敵に立ち向かうエグジー。そんな超過激スパイアクションには、さすがにパディントンもお手上げ……?

【思いやり対決】
ド迫力なアクションを次々と放ち敵を倒してきたエグジーですが、実は思いやり溢れる一面も。友達を決して裏切らず、自分ですべて負う誠実さを持つという、信念の強さが垣間見えます。その一方、誰に対しても親切で礼儀正しく、どんな時も挨拶と感謝を忘れないパディントン。ペルーでひとりぼっちだったパディントンを育て、ロンドンへと送り出してくれたルーシーおばさんに恩返しをすべく、100歳のお誕生日には完璧なプレゼントをあげたいと、高価な“飛び出す絵本”を自腹で買うために、時には理髪店で雑用係のアルバイトをしたり、さらには窓ふきを一生懸命頑張ったり……。人の良いところを見つけることが得意で、どんな人に対しても思いやりを忘れることのないパディントンは、やはり“英国紳士”史上、最も思いやりに溢れる“漢”に違いない?!

【正義感対決】
“飛び出す絵本”をルーシーおばさんにプレゼントするべく、毎日せっせとアルバイトに励むパディントン。しかし、ある日その飛び出す絵本を盗む窃盗事件が発生し、偶然犯人を見かけたパディントンは追いかけるも、警察に犯人と勘違いされ、まさかの逮捕される事態に…。そんな正義感溢れる一面を兼ね備えるパディントンは、塀の中でも囚人たちと持ち前の明るさと優しさで関係を築くものの、真犯人を追うべくなんと脱獄をしてしまいます! その「正義感」ゆえに、うっかりルール違反をしてしまう一面も。一方、世界の危機を救うべく、多種多様なガジェットを駆使して敵を倒してきたエグジー。その勇ましい姿は実に勇敢ではあるものの、結果的にとんでもない数の人を殺めてしまっているため、この対決は引き分けか……?

決着がつきそうもない、この素敵すぎる“英国紳士”対決…。決着の続きはスクリーンで!

『キングスマン ゴールデン・サークル』2018年1月5日公開
(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

『パディントン2』2018年1月19日公開
(C)2017 STUDIOCANAL S.A.S All Rights Reserved.

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。