体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ロッテ佐々木が語った今季の成績と来季の抱負とは…

ロッテ佐々木が語った今季の成績と来季の抱負とは…
J-WAVEで放送中の「GOLD RUSH」(ナビゲーター:渡部建)のワンコーナー「SPONAVI」。12月15日(金)のオンエアでは、千葉ロッテマリーンズ・佐々木千隼投手をお迎えしました。

佐々木選手は、都立高校出身で初のドラフト一位入団を果たしたルーキーで、渡部の母校である日野高校出身です。今回が初のラジオ生出演だったそうで、かなり緊張していました。

まずは、入団前と入団後のイメージの違いについてお聞きしたところ、実際にはうまくいかなかったことが多く、精神的にきつかったり、思い通りの球が投げられなくなったり、怪我をした時期もあり、苦しい思いをしていたそうです。成績は15試合登板、4勝7敗、防御率4.22。この成績について「もっとやりたかった」と一言。

実は、渡部は佐々木選手の初登板の日に観戦しています。その日はヒヤヒヤしながらも勝利につながりました。その後、7月に2軍に落ちたものの、再び1軍に上がってきてからは好調に。9月の防御率が0.99、10月が1.29で、この2ヶ月間はほぼ打たれていません。

渡部:何かが変わったっていう感じ?
佐々木:2軍から1軍に上がるまでの期間に、考え方を変えてみたり、頭の中を整理する期間ができたので、余裕が出てきたのかなと思います。
渡部:精神的に一番変わったのはそのあたり?
佐々木:思い切っていこうっていう。

佐々木選手自身は、技術面で納得できていない部分が多いそうで、来シーズンに向けて頑張っていくと述べました。

渡部:対戦してみて、特にこのバッターは違うと思う選手は?
佐々木:たくさんいますけど、内川(聖一)さん(福岡ソフトバンクホークス)は…。どこに投げたらいんだろうって思います。「こんなところでも簡単に打ってくるんだ!?」って思って…。

と語りました。とはいえ、新たに監督となった井口監督ともコミュニケーションをとり、「数字は言いたくないですけど…来シーズンは2桁勝ちたい」と抱負を述べました。ちなみに、渡部は昨シーズンに「1年間ローテーションを守ったら、渡部と児島から高級腕時計をプレゼントする」と約束していたそうです。「2軍に落ちた時はホッとした」と言って笑わせましたが、「来シーズンはぜひ!」と激励しました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOLD RUSH」
放送日時:毎週金曜 16時30分−20時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。