体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

福岡伸一がカズオ・イシグロのノーベル賞を予言?

福岡伸一がカズオ・イシグロのノーベル賞を予言?
J-WAVEの番組「JAM THE WORLD」のワンコーナー、「LOHAS TALK」(ナビゲーター:小黒一三)。12月12日(火)のオンエアでは、生物学者・福岡伸一さんをお迎えし、ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロさんについてのお話を伺いました。

福岡さんは、村上春樹さんより先にイシグロさんが、ノーベル文学賞を受賞するのではないかと予言していたそうです。

「その予感は、イシグロさんとの対談によって深まったことなんです。その内容は『動的平衡ダイアローグ 世界観のパラダイムシフト』という本に書いているんですけどね。」(福岡さん、以下同)

イシグロさんがノーベル文学賞に決定した直後、多くのメディアが福岡さんの本を見つけて、「イシグロさんについて語ってください」と連絡してきたそうです。

「だから私はイシグロさんの小説の本質は、人間が持っている『記憶』が一体どれほど大事なもので、その人を支え、あるいは励まし、ある時は裏切り、変容していくかを書いていることだ、と滔々(とうとう)と語ったんです。」

ところが記者の人たちはあまり本を読んでいなかったようで、ポカーンとしてしまい、福岡さんは「もっと面白い話はないですか?」と言われてしまったそうで…。

「イシグロさんと会ったとき、お昼にお寿司を食べたんですよ。特上握り寿司を2人前取って食べ始めたら、イシグロさんはネタを外して2つに切ったり、シャリを分けたりして、握り寿司をひとりちらし寿司みたいにして食べ始めた、ということをチラッと言ったら、翌日の新聞はみんなそこだけを使っているんですよね(笑)『みなさんちゃんとカズオ・イシグロを読みましょう!』 と思いました。」

福岡さんの話を聞いた小黒は、「実際、僕もイシグロさんの本はなかなか最後まで読めないんですよね。だけど、リスナーが年末に挑戦しようとする場合に1番取っつきやすい本は何ですか?」と福岡さんに質問しました。

「やっぱり彼の代表作であり、1番の問題作でもある『わたしを離さないで』ですね。イシグロさんの話はあまり起伏がないし、読むのに多少の緊張と努力が必要ですけど、じわじわっと進んでいく物語が、誰かの記憶なわけなんです。その記憶がとても細やかに書かれているところが、彼の持ち味です。『わたしを離さないで』は、そのなかにある種のミステリーが含まれていて、その秘密がだんだん解き明かされていくところが、読みやすいかと思います。」

年末年始やなど、ゆっくり時間を取れる日に『わたしを離さないで』を皮切りに、イシグロさんの作品にどっぷり漬かってみてはいかがでしょうか。

「LOHAS TALK」では、本日のオンエアでも福岡さんをゲストにお迎えします。こちらもどうぞお楽しみに!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「LOHAS TALK」
放送日時:月・火・水・木曜 19時45分−19時55分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/blog/lohastalk/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy