体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

俳優、佐野 岳インタビュー「やりたいことがないなら、まず、アルバイトをすればいい」

佐野岳 佐野岳

現在、ドラマ『陸王』で天才ランナーを演じ活躍中の佐野岳さん。運動が好きという自分の得意分野を生かしながらここまできたといいます。しかし、ここ最近は「それだけではいけない」という考えから自分改革を実施。現在、取り組んでいることや、初めて社会の厳しさを知ったというアルバイト経験などを佐野さんの仕事観とともに聞いてみました。

 

昔からテレビに出たいという気持ちが強く、自らコンテストに応募

佐野岳

――佐野さんは幼い頃から芸能界に入りたいと思っていたそうですね。

昔から目立ちたがり屋だったので、いつか自分もテレビに出てみたいと思っていたんです。でも、高校生までずっとサッカーをやっていたので、高校3年生でサッカー部を引退してから本格的に芸能界を目指そうと行動しました。

――どんな行動を起こしたんですか?

芸能人の登竜門、「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」に応募しました。そうしたらグランプリを受賞して、そこから事務所が決まって、さらに舞台のお仕事が入って。

――すごいスピードですね! でも、演技は未経験だったんですよね?

サッカーしかやってきてないですから、演技はまったくの未経験です。当時は愛知県に住んでいたので、地元で台本を覚えてから上京して舞台稽古を行うという感じでした。でも、すぐに現場に入る機会を与えていただいたのでとても感謝しています。

――順応力が高すぎですね! 普通、演技未経験で突然、舞台の仕事が入ったら焦りませんか?

「やるときはやるしかない」という考え方なんです。未経験だからといってやらないなんて損するじゃないですか。やらないという選択をして後悔はしたくないんです。

 

デビュー4年目で自分の仕事への甘えが露呈しはじめてきた

佐野岳

――そのまっすぐな性格だからこそ、順風満帆でここまで来たんでしょうね。

いえ、恵まれていたからこそ、悩みは増すばかりでした。今年でデビューして5年目ですが、3年目ぐらいまでは勢いや自分の感覚任せで仕事をしてきて、案外すんなりやれていた気がしていました。でも、4年目に差し掛かった時に、自分が甘えていた部分が露呈しはじめて、しんどくなってきたんです。

――「甘えていたこと」とは?

それまでは人から教えられることをすべて受け入れていて、自分で考えたり気付いたりすることがあまりなく、仕事への意識や責任の持ち方がどこか人任せな部分があったんです。そうすると、自分の個性がなくて埋もれてしまう。「このままじゃいけない」ともがき始めて、自分を変えようと動いている最中です。

――自分を変えるために、どんなことを始めたんでしょうか。

自分にしかできないことを増やすように、さまざまなことに挑戦しています。アクションや殺陣、将来的に海外でも活躍したいので英語、最近は茶道も習いはじめました。茶道の所作は、今後、演じる際に役に生かすことができるかもしれないですし。

 

自分だけの得意分野があることはすごく大切

佐野岳

―――佐野さんはもともと運動神経がいいこともあってスポーツバラエティでも活躍していますが、現在放映中のドラマ『陸王』でもマラソンランナーの役を演じていますよね。

1 2 3次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy