体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スチャダラパーBoseが古き良き時代を再現したランクルに思いを馳せる

▲色とりどりのランクルが並ぶ、フレックスRenoca世田谷店の店頭。「今まであまり目がいかなかったけど、これはいい!」とBoseさん

▲色とりどりのランクルが並ぶ、フレックスRenoca世田谷店の店頭。「今まであまり目がいかなかったけど、これはいい!」とBoseさん

流行に敏感な人は「乗る車がない……」と嘆いている!?

1990年のデビュー以来、日本のヒップホップシーン最前線でフレッシュな名曲を作り続けているスチャダラパー。中古車マニアでもあるMC、Boseが『カーセンサーnet』を見て触手が動いたDEEPでUNDERGROUNDな中古車を実際にお店まで見に行く不定期連載! 今回はランクルシリーズのカスタムモデルをチェック!

「最近の車のデザインって、流行を過度に組み込みすぎてまったく隙がないんだよね。例えるなら最先端のモード系ファッションと同じ。今は『カッコいい!』ってなるけれど、果たして3年後も同じ気持ちでいられるのか。僕は1台の車を長く楽しみたいタイプだから、そこが不安なんだ」

実際、デビューしたときは大きな話題になっても、気づいたらあまり注目されなくなる車は少なからず存在する。その傾向はクロスオーバーと呼ばれるSUVでよく見られる気がするとBoseさんは話す。

「お洒落な人たちは『乗る車がない』と新車を諦めて、シンプルで飽きのこない古い車に走るんだ。僕自身、乗っているのは80年代のゴルフ2と90年代のメルセデス・ベンツ Vクラスのキャンパーだし、周りでも古い車に買い替えている人が増えているんだよね」

▲何十年経っても残っている車というのは、残る理由があるんだよね

▲何十年経っても残っている車というのは、残る理由があるんだよね

そんなBoseさんから「ぜひ行きたい!」と名前の挙がったお店が東京都世田谷区にあるフレックスRenoca世田谷店。仕事で店の前をよく通っていて気になっていたそうだ。

「ここはもともと古いランクルやジープをたくさん並べていた店なんだ。だけど春ごろから店頭に並ぶ車がやたらとカラフルになったんだよね。どうしたんだろうとカーセンサーnetを見てみたら、お洒落なカスタムカーをたくさん扱うようになっていたんだ。これは見に行くしかないでしょう!」

Boseさんが見たカスタムモデルはフレックスが2017年春から展開するRenoca(リノカ)というブランド。

リノカはリノベーションカーを意味する言葉で、最新の車とは違う、独特な雰囲気のある一昔前の車をリノベーションして、自分らしいライフスタイルを楽しもうと提案しているもの。古民家をリノベーションして自分らしい暮らしを楽しんでいる人たちの考えを車に持ち込んだものだ。

「面白いよね。まさに僕が思い描いていた考え方にピッタリ。車は欲しいけれど乗りたいものがなかなか見つからないという人に刺さるんじゃないかな」

20年前の車でも、不満に感じる部分ってないんじゃない?

▲80年代のアメリカンテイスト漂うウッドパネルがインパクト大!

▲80年代のアメリカンテイスト漂うウッドパネルがインパクト大!

例えば1998年式のトヨタ ランドクルーザープラド(95系)をベースにしたものは、1980年代までのアメリカ車に多く見られたウッドパネルを架装。それに合わせてグリルやヘッドライトもクラシカルな78系プラドをほうふつさせるデザインに変更されている。

「前は日本車でもワゴンやバンでウッドパネルが付いたものがたくさんあったよね。『車はウッドパネルが付いてないとダメ』というヤツがいてさ。自分でウッドパネルをボディに貼ろうとしても、しょせん素人だからボディのキワのところがだんだんと剥がれてきたりしてキレイにできないんだよね。だからセドリックバンばかり何台も乗り継いでるの。この車の存在を知ったら喜ぶと思うな!」

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy