体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【憧れシゴト図鑑】 観月ありさをはじめ女優から俳優まで“美”を司るヘアメイクデザイナー・田中誠太朗さんインタビュー

【憧れシゴト図鑑】 観月ありさをはじめ女優から俳優まで“美”を司るヘアメイクデザイナー・田中誠太朗さんインタビュー 田中誠太朗 ヘアメイク イケメン 観月ありさ 劇団EXILE Reno 801 ガソリンスタンド

劇団EXILEの鈴木伸之といったイケメン俳優から、観月ありさをはじめとする女優まで、多くのタレントのヘアメイクを手がける田中誠太朗さん。TV番組出演や講演を通して美容の普及活動をしたり、2017年5月には、プライベート型会員制ビューティーサロン『Reno 801』をオープンするなど、さまざまな角度から美に携わる彼に、今の仕事に就いた経緯ややりがいについて語ってもらった。

家には寝るためだけに帰る生活でした

田中誠太朗 ヘアメイク イケメン 観月ありさ 劇団EXILE Reno 801 ガソリンスタンド

――美容師歴12年、芸能界でヘアメイクの仕事をするようになって7年が経つという田中さん。今では自らTVに出演する機会もある彼が美容師を志したのには、あるドラマの存在があった。

「キッカケは『ビューティフルライフ』(2000年放送の木村拓哉主演ドラマ)なんです(笑)。中学生の時に、“木村拓哉みたいな美容師になりたいな”と思って。本気でしたね。高校時代はファッション誌を読み漁ったり、美容室でいろいろな髪型をして遊んだり。その資金確保のためにガソリンスタンドでアルバイトもしていました。

高校卒業後は、親の反対を押し切って地元・北海道の美容学校に。美容学生時代は、学校に通いながらサロンのお手伝いもしていて、閉店後には、美容師さんたちがよくやっているような練習にも参加していました。美容師として正式に働き始めてからは12年が経ちますが、スタート自体は早かったですね」

――20歳で上京して、表参道のカリスマサロンに就職。夢いっぱいで歩み始めた美容師の道だが、下積み時代は、大変なことばかりだったと語る。

「美容師の現場は、見た目の華やかさに対して、結構体育会系なところがあって。入社当時は、営業時間のだいぶ前に出勤して、終わってからも勉強、勉強で、家には寝るためだけに帰る生活でした。でも、北海道から上京してきた身だし、“美容師以外何もできない”という危機感があって(笑)。それと同時に、今となってはミーハーな心はなくなりましたけど、当時は田舎から出てきた子だったから、“芸能人を担当したい!”っていう夢が、モチベーションを保ってくれていたのかなと思います」

観月ありささんとの出会いが転機に

田中誠太朗 ヘアメイク イケメン 観月ありさ 劇団EXILE Reno 801 ガソリンスタンド

――美容師として懸命に働く田中さんが、芸能界の仕事に足を踏み入れたのは偶然の出会いからだった。

「僕が25歳の時に、前職の代表が六本木のミッドタウンの目の前に国内最大規模のサロンをオープンすることになり、その立ち上げに携わったんです。そこで観月ありささんと出会って、担当させてもらえるようになりました。芸能人のお客様が多いサロンを就職先に選んだので、芸能人と出会う機会はあるのですが、それがキッカケでほかの方からもお声をかけていただけるように。何が気に入られたのか自分ではわかりませんが、観月さんとの出会いは、僕にとって大きな転機でしたね」

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。