体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

反響多数! 「キングコング西野が今の就活生に伝えたい3つのこと」とは?

3

2017年12月7日、人気お笑いコンビ・キングコング西野亮廣さんが『キンコン西野が今の就活生に伝えたい3つのこと』と題するブログ記事を公開した。

年の瀬も迫りつつあるこの頃、志ある就活生ならビジネスセンスに優れた”意識高い系芸人”の代表と言える西野さんが発するこんなワードは気になって仕方ないだろう。

西野さんはいったい何を伝えたいのか?

%e7%84%a1%e9%a1%8c

『Twitter』上では

「クソ笑った、電車でニヤニヤした笑笑 マジで皆に読んで欲しい。笑笑 なんかもう一種の芸術。笑笑」

「西野さん、もう天才だな。 なんか、とりあえず走り出そう!笑 就活生もそうじゃなくても!」

「すごいやられた感がすごい (つまり、日本語も変になるくらいやられた)」

など爆笑したり文章力に感心する声があふれているが、答えは以下の通り。

「今の就活生」というワードを入れた理由は特にありません。

なんと西野さんは何のテーマもなく記事を書きはじめ、

「今の就活生」というワードを入れておくと、現代の就活生は反応するだろうし、過去に就活生を経験した人たちも、「俺たちの頃と何が違うんだ?」と反応するでしょう。

という思い付きで、後付けでタイトルを考えていたのだ。

文章中には就活生に直接有益な情報やメッセージは何一つ含まれていない。しかし、実際の社会はこういったレトリックであふれており、政治、宣伝、報道を通して大衆はたやすく扇動されているのだ。これは今から社会に出てゆく若者にとって非常に大切な”気づき”と言えるだろう。

このブログ記事では他にも

我々日頃、有益な内容に反応しているわけではやく、“反応した内容を有益なものにリチャードしている”ということなのです。

今日は最後に、この言葉だけを覚えて帰ってください。
『Le gioie più grandi vanno sempre divise con chi si ama.』

今回の記事に共感してくださった方は、この記事をジェラーティングしていただけると嬉しいです。

など西野さん流の名言が多数紹介されている。

それぞれどういう意味なのか理解すれば、きっとあなたの視界は広がるはずだ。

※画像は『キングコング西野オフィシャルダイアリー』より
https://lineblog.me/nishino/archives/9311101.html

中将タカノリの記事一覧をみる

記者:

1984年生まれ。奈良市出身のシンガーソングライター、音楽・芸能評論家。加賀テツヤ(リンド&リンダース)の誘いで2005年にデビュー。音楽活動、タレント活動、執筆活動と多岐にわたる分野で活躍している。代表曲に「だってしょうがないじゃん」(2011年)。2016年からキャラクター、音楽制作を務める「うえほんまち ハイハイタウン」CMが放送開始。日本酒が好き。

ウェブサイト: http://chujyo-takanori.com

TwitterID: chujyo_takanori

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。