体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

沖縄産島とうがらしを使用したファミマ限定『カルビー ポテトチップス旨辛島とうがらし味』が旨い!

 

通常の唐辛子と品種の違う、小型で愛らしいフォルムが特徴の島とうがらし。沖縄料理店では泡盛に漬け込まれた調味料「こーれぐーす」の中身としてお馴染み。そんな島とうがらしの味をポテチで再現したのがファミリーマート限定・数量限定商品『カルビー ポテトチップス旨辛島とうがらし味』だ。

ピリピリの辛さの背後にマヨネーズの存在感。旨味たっぷりで、ついつい止まらなくなる魅力

 

「こーれぐーす」を食卓に常備しているのは、沖縄料理好きの証。泡盛に島とうがらしが漬け込まれ、時間が経つとその赤い色が抜けていく様はあまり見た目はよろしくないが、沖縄そばやゴーヤチャンプルーを食べるときにそれがないと何とも寂しい気持ちになる。

そんな中、カルビー『カルビー ポテトチップス旨辛島とうがらし味』(70g・希望小売価格 税抜141円・2017年10月24日発売)が登場。島とうがらし味と聞いて、ついつい「こーれぐーす」味? と勘違いしてしまったが、どうやらこれはその独特の爽やかな香りと辛味の島とうがらしのみを題材にした商品な模様。

考えてみると記者は沖縄料理好きで、ヒハツ(ピパーチ※沖縄産のコショウ)も常備しているのだが、島とうがらし単独で味わったことはないことに気づいた。こーれぐーすとして泡盛の味とともに味わった事は数限りなくあるのだが。

パッケージを威勢良く開けると、香りたつのは何よりもマヨネーズの酸味。そこに辛味感が加わっている。隠し味のマヨネーズとのことだが、かなりメインを脅かすほどの存在感である。モノ自体は気持ち赤みを帯びている程度で、カラムーチョ的な色合いではなく、通常ポテトチップスに近い見た目。

一枚つまんでパクリ。旨味が襲いかかり、そのあとに爽快な辛味。マヨネーズの酸味が香り同様結構強力に感じ取れる。パリパリとしてピリ辛で、なかなかにビールの進みそうな味。素直に美味しい、止まらない。

使用されているのは沖縄県産島とうがらし100%のパウダー。食べれば食べるほど辛くなっていくタイプ。それで手を止めると、舌が欲しがるというやめられない止まらないタイプ。強烈な旨味が後引きを促しているようだ。

沖縄料理好きだけでなく、ピリ辛ファンならぜひ味わってみてもらいたい。入手は全国のファミリーマートにて。数量限定なのでお早目に。

 

関連記事リンク(外部サイト)

ポテトチップスの“巨人”カルビーの全ポテチをおさらい!一体何種類の味があるの?『カルビー ポテトチップス』
まさに“手揚げ”風の食感が心地良い!『KOIKEYA PRIDE POTATO 手揚食感 長崎平釜の塩/柚子香るぶどう山椒』誕生!
ホタテを醤油とバターでジュー!磯の香り、する!する!カルビー『ポテトチップス濃く味 ホタテ醤油バター味』
カルビー×エバラ『ポテトチップス 黄金の味 中辛』は期間限定!ガーリックの刺激とタレの甘さが絶妙!やみつき必至
全国ご当地グルメをポテチで制覇する企画第一弾から『カルビーポテトチップス47都道府県の味 山形芋煮味』!

おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。