体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「アウディ TTを荷物グルマにする」という異端の、しかし意外と合理的な選択

▲どこからどう見ても「荷物グルマ」には見えない2代目アウディ TTクーペですが、実はけっこう積めちゃう車なんです

▲どこからどう見ても「荷物グルマ」には見えない2代目アウディ TTクーペですが、実はけっこう積めちゃう車なんです

いわゆるDINKSのご家庭にはかなり向いてるかも?

近頃けっこうお手頃になってきた2代目アウディ TTクーペ。言わずと知れたスタイリッシュかつ上質なドイツ産2+2クーペで、新車時価格は414万~631万円となかなかのものでした。

しかしその中古車は今や総額180万円前後から、走行3万km台までの物件を探すことができます。

ですがこの車、実は「スタイリッシュで上質な2+2クーペ」としてではなく「そこそこの量が積める荷物グルマ」としても十分使えること、ご存じでしたでしょうか?

もちろん、お子さんがいるご家庭にはまるで向きません。

でも、あなたのお宅がもしもそうでないなら……つまり、ひと昔前に流行った言葉で言うDINKS(Double Income No Kids=共働きで子供のいない夫婦)で、なおかつサーフボードなどの大きな道具を使う趣味をお持ちでないのであれば、割と最適な荷物グルマにもなるのです。

「2+2クーペが荷物グルマにもなるって、どういうこと???」と不思議にお思いの方も多いかもしれません。

以下、順を追ってご説明しましょう。

▲99年登場の初代TTの後を受け、06年10月に販売開始となったアウディ TTクーペの第2世代。デザインは初代と比べてややおとなしめですが、走りの質感はこちらが断然上。エンジンは2Lまたは1.8Lの直4直噴ターボと自然吸気の3.2L V6が用意されていました

▲99年登場の初代TTの後を受け、06年10月に販売開始となったアウディ TTクーペの第2世代。デザインは初代と比べてややおとなしめですが、走りの質感はこちらが断然上。エンジンは2Lまたは1.8Lの直4直噴ターボと自然吸気の3.2L V6が用意されていました

▲なんともスタイリッシュなリアビュー。……これが本当に「荷物グルマ」になるんでしょうか?

▲なんともスタイリッシュなリアビュー。……これが本当に「荷物グルマ」になるんでしょうか?

どうせほぼ座れない後席を畳んでしまえば荷室容量は700Lに

まず、下の写真をご覧ください。2代目アウディ TTクーペの通常時のラゲージスペースです。

▲後席のバックレスト(背もたれ)を立てた状態で、だいたいこんな感じ

▲後席のバックレスト(背もたれ)を立てた状態で、だいたいこんな感じ

クーペですからさすがに広大ではありませんが、それでもいちおう290Lの容量は確保されています。

ちなみに現行の4代目マツダ デミオの通常時(後席の背もたれを立てている状態)の荷室容量が280Lですから、2代目アウディ TTクーペの290Lというのはクーペとしてはけっこう優秀な数値です。

それに加えて、デミオ的な車の荷室と比べるとアウディ TTクーペのそれは「前後に長い」という特徴がありますから、やや長めの荷物を乗せる際は小型ハッチバック以上に重宝するでしょう。

そして次にご覧いただきたいのが下の写真です。

▲……ポルシェ 911の後席と同じぐらいか、下手すりゃそれ以上に狭いであります
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。