体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

中国NEV法の影響か!? 電気自動車の展示が目立った『広州モーターショー2017』

▲東京モーターショーでは出展されることがなかったミニや、アルファロメオ、ジャガーなども軒を並べ、アジア最大規模のモーターショーへと成長した『広州モーターショー』。まだまだ自動車に熱い目が注がれていることが写真からもおわかりいただけるだろう

▲東京モーターショーでは出展されることがなかったミニや、アルファロメオ、ジャガーなども軒を並べ、アジア最大規模のモーターショーへと成長した『広州モーターショー』。まだまだ自動車に熱い目が注がれていることが写真からもおわかりいただけるだろう

NEV法の影響か、電気自動車も展示

2017年11月17日から11月26日まで中国広東省広州市で開催された広州モーターショーで、展示されている日本メーカーの車両を紹介していく。中国で2019年から施行されるNEV法(ニューエネルギービークル規制法:自動車メーカーは、EV、PHEV、FCEVを一定割合で生産することが義務づけられる)の影響もあり、一部電気自動車も展示されていたのが印象的だった。

▲広州トヨタは、広州汽車をパートナーとするトヨタ系の合弁会社。その広汽トヨタブランドのEVがこのeコンセプト。見た目は広州汽車のオリジナルモデルのSUV「GS4」がベースのようだ。広州汽車独自開発によるEVのようで、将来的にOEM供給の可能性も高い

▲広州トヨタは、広州汽車をパートナーとするトヨタ系の合弁会社。その広汽トヨタブランドのEVがこのeコンセプト。見た目は広州汽車のオリジナルモデルのSUV「GS4」がベースのようだ。広州汽車独自開発によるEVのようで、将来的にOEM供給の可能性も高い

▲トヨタの中国における合弁パートナーのひとつ、中国一汽もEVコンセプトセダンを展示していた。こちらは天津一汽の「駿派A70」というセダンがベース。こちらも広汽Eコンセプト同様、将来的にOEM供給される可能性が高そうだ。NEV法の影響がここにも見受けられた

▲トヨタの中国における合弁パートナーのひとつ、中国一汽もEVコンセプトセダンを展示していた。こちらは天津一汽の「駿派A70」というセダンがベース。こちらも広汽Eコンセプト同様、将来的にOEM供給される可能性が高そうだ。NEV法の影響がここにも見受けられた

▲広州モーターショー開催直前に、新型カムリのチャイナプレミアが行われた。日本はハイブリッドのみだが、中国仕様は2.5Lと2Lの直4エンジン仕様もラインナップされる。北米仕様同様のフロントフェイスは、なかなかハンサム。日本にも早くこの顔のモデルが登場してほしい

▲広州モーターショー開催直前に、新型カムリのチャイナプレミアが行われた。日本はハイブリッドのみだが、中国仕様は2.5Lと2Lの直4エンジン仕様もラインナップされる。北米仕様同様のフロントフェイスは、なかなかハンサム。日本にも早くこの顔のモデルが登場してほしい

▲中国では、2017年6月に登場している新型レクサス LS。日本仕様にはない、3.5L V6NAエンジン搭載車が展示されていた。ショー会場では歴代のLS(日本におけるセルシオも一部あり)が置いてあり、新型の盛り上げや、LSの歴史感の演出もバッチリであった
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。