ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

アップル、iPhone SEネクストモデルへ向けて始動!?A10チップ搭載でさらに高精度に?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
アップルが誇る4インチディスプレイの逸品、iPhone SE。そのネクストモデル開発の動きが、色濃くなってきている

・iPhone 7と同じA10チップを搭載!?

現在のiPhone SEは、4Kビデオを撮影できる12メガピクセルのカメラを搭載した、小さいながらも高精度な機能が魅力のデバイス。内部には、iPhone 6sと同じA9チップを採用している。スピードとレスポンスに優れたこのチップには、極めて効率的なM9モーションコプロセッサが直接組み込まれており、加速度センサー、コンパス、ジャイロスコープとつながっている他、Siriの起動も、「Hey Siri」と話しかけるだけで、簡単に実行できるようになっている。

情報では、次のモデルは、A9チップからA10チップに移行するかもしれない、とのこと。iPhone 7で使用されているA10チップは、A9よりさらに高精度で、パフォーマンスも1枚上。12月発売予定のiMac Proにも搭載されているのではと、ITメディアの間で、まことしやかにささやかれている。

・来年の発表に期待

しかし、これらはあくまで推測。SE 2(仮称)の設計がどうなるか、現段階ではっきりしたことはわかっていない。先日述べたとおり、同社では来年度のプランとして、6.5インチOLEDディスプレイを搭載したハイエンドのデバイスなど、3台のデバイスを発売予定とも報じられている。いずれも詳細は、年が明けてからになるだろう。とりあえず、年内にアップルストアの前で、行列することはなさそうだ。

souce by complex.com

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。