体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

全国500軒以上の焼肉店を巡る肉マニアが超オススメする「京都 肉の名店」3選

おばんざいや懐石料理など、なんとなく和のイメージが強い京都。ですが古くから牛肉文化が根付いてきた地でもあり、なんと京都市の牛肉の一世帯当たり年間支出額は全国1位!(ここ3年間での平均)。街には舌の肥えた京都人を唸らせる牛肉専門店がひしめきます。

今回は、京都マニア及び肉星人の筆者が本気で厳選した、京都で絶対に間違いのない名店を3つご紹介しましょう。

江畑

ディープなお店も多い西陣エリアに佇む「江畑」。京都駅からはバスで約30分。かれこれ全国500軒以上の焼肉店を訪問してきた肉マニアの筆者ですが、江畑は味、コスパ、雰囲気ともに最高峰レベル!

牛肉の年間支出額は全国一位!肉マニアが超オススメする「京都 肉の名店」3選
遊郭だった建物をリノベーションしたお店は、懐かしい下町風情があふれ居心地のよさ抜群。扉を開けると、25人くらいは座れる長いカウンターがお出迎え。カウンター越しで焼き職人の方にお肉を焼いてもらえるスタイル。

牛肉の年間支出額は全国一位!肉マニアが超オススメする「京都 肉の名店」3選
大将をはじめ店員さんが気さくなお人柄で、一人で訪問してもあれこれお話しながら焼肉を楽しめます。かと言って決して押し付けがましい訳ではなく、付かず離れずの程よい距離感が心地いい。

牛肉の年間支出額は全国一位!肉マニアが超オススメする「京都 肉の名店」3選
江畑の特筆すべきはなんといっても上質な近江牛。「タン刺し(800円)」はクセや臭みが全くなく、鮮度のよさを実感。とろけるように柔らかく、霜降りながらもしつこくなく極上の味!

牛肉の年間支出額は全国一位!肉マニアが超オススメする「京都 肉の名店」3選
「ロース(1,200円)」を塩で。赤身と脂の境目がくっきりしていて、見た目から新鮮さが伝わります!

牛肉の年間支出額は全国一位!肉マニアが超オススメする「京都 肉の名店」3選
肉の脂を落とすように炙られ、職人技が光る絶妙な焼き加減を堪能。

牛肉の年間支出額は全国一位!肉マニアが超オススメする「京都 肉の名店」3選
香ばしいロースがさっぱりしたおろしポン酢に絡み合い、最強のコンビネーション! 口いっぱいにお肉の旨味と甘味が広がります。

牛肉の年間支出額は全国一位!肉マニアが超オススメする「京都 肉の名店」3選
江畑名物の「ギアラネギ(1,200円)」。タレをもみ込んだギアラをこんがり焼いて・・・

牛肉の年間支出額は全国一位!肉マニアが超オススメする「京都 肉の名店」3選
九条ねぎをたっぷりと乗せて・・・

牛肉の年間支出額は全国一位!肉マニアが超オススメする「京都 肉の名店」3選
最後にタレをかけます。ねぎが少ししんなりしたら食べごろ。ギアラの弾力ある食感と、ねぎのシャキシャキ感が抜群! 思わずご飯が欲しくなる逸品。

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。