ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

全国500軒以上の焼肉店を巡る肉マニアが超オススメする「京都 肉の名店」3選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

おばんざいや懐石料理など、なんとなく和のイメージが強い京都。ですが古くから牛肉文化が根付いてきた地でもあり、なんと京都市の牛肉の一世帯当たり年間支出額は全国1位!(ここ3年間での平均)。街には舌の肥えた京都人を唸らせる牛肉専門店がひしめきます。

今回は、京都マニア及び肉星人の筆者が本気で厳選した、京都で絶対に間違いのない名店を3つご紹介しましょう。

江畑

ディープなお店も多い西陣エリアに佇む「江畑」。京都駅からはバスで約30分。かれこれ全国500軒以上の焼肉店を訪問してきた肉マニアの筆者ですが、江畑は味、コスパ、雰囲気ともに最高峰レベル!

牛肉の年間支出額は全国一位!肉マニアが超オススメする「京都 肉の名店」3選
遊郭だった建物をリノベーションしたお店は、懐かしい下町風情があふれ居心地のよさ抜群。扉を開けると、25人くらいは座れる長いカウンターがお出迎え。カウンター越しで焼き職人の方にお肉を焼いてもらえるスタイル。

牛肉の年間支出額は全国一位!肉マニアが超オススメする「京都 肉の名店」3選
大将をはじめ店員さんが気さくなお人柄で、一人で訪問してもあれこれお話しながら焼肉を楽しめます。かと言って決して押し付けがましい訳ではなく、付かず離れずの程よい距離感が心地いい。

牛肉の年間支出額は全国一位!肉マニアが超オススメする「京都 肉の名店」3選
江畑の特筆すべきはなんといっても上質な近江牛。「タン刺し(800円)」はクセや臭みが全くなく、鮮度のよさを実感。とろけるように柔らかく、霜降りながらもしつこくなく極上の味!

牛肉の年間支出額は全国一位!肉マニアが超オススメする「京都 肉の名店」3選
「ロース(1,200円)」を塩で。赤身と脂の境目がくっきりしていて、見た目から新鮮さが伝わります!

牛肉の年間支出額は全国一位!肉マニアが超オススメする「京都 肉の名店」3選
肉の脂を落とすように炙られ、職人技が光る絶妙な焼き加減を堪能。

牛肉の年間支出額は全国一位!肉マニアが超オススメする「京都 肉の名店」3選
香ばしいロースがさっぱりしたおろしポン酢に絡み合い、最強のコンビネーション! 口いっぱいにお肉の旨味と甘味が広がります。

牛肉の年間支出額は全国一位!肉マニアが超オススメする「京都 肉の名店」3選
江畑名物の「ギアラネギ(1,200円)」。タレをもみ込んだギアラをこんがり焼いて・・・

牛肉の年間支出額は全国一位!肉マニアが超オススメする「京都 肉の名店」3選
九条ねぎをたっぷりと乗せて・・・

牛肉の年間支出額は全国一位!肉マニアが超オススメする「京都 肉の名店」3選
最後にタレをかけます。ねぎが少ししんなりしたら食べごろ。ギアラの弾力ある食感と、ねぎのシャキシャキ感が抜群! 思わずご飯が欲しくなる逸品。

牛肉の年間支出額は全国一位!肉マニアが超オススメする「京都 肉の名店」3選
江畑のメニューには特上や上などのランクがありません。それだけお肉の質への自信が感じられます。ロースやバラは巷の焼肉店の特上並みのお味で、ホルモン系も近江牛のものと考えると最高のコスパであること間違いなし!

[江畑]

ル・キャトーズィエム(le 14e)

牛肉の年間支出額は全国一位!肉マニアが超オススメする「京都 肉の名店」3選
神宮丸太町駅近く、ビルの2階に佇む「ル・キャトーズィエム(le 14e)」。パリの14区にある名店「Le Severo」で修行されていたシェフが作る“揚げ焼き”赤身肉ステーキを堪能できるビストロ。

店内はパリの下町に迷い込いこんだような隠れ家的な雰囲気。カウンター席もあるので一人でも気兼ねなく過ごせますよ。

牛肉の年間支出額は全国一位!肉マニアが超オススメする「京都 肉の名店」3選
その日にいただけるお肉の銘柄や部位、前菜などのメニューが黒板に用意。

牛肉の年間支出額は全国一位!肉マニアが超オススメする「京都 肉の名店」3選
アルミホイルに巻いたお肉のプレゼンも。グラムが書いてあるのでわかりやすい。

牛肉の年間支出額は全国一位!肉マニアが超オススメする「京都 肉の名店」3選
「ブッラータとフレッシュトマト(2,500円)」。トマトはみずみずしく爽やか! ブッラータはフレッシュながらも濃厚でとろけるような食感で、香り高いオリーブオイルと見事に調和。ぜひ必食したい逸品です。

牛肉の年間支出額は全国一位!肉マニアが超オススメする「京都 肉の名店」3選
そして待望のお肉! フランクの160gをオーダーしてみました。たっぷりの油で揚げるように焼かれたステーキは、表面のカリッと感と中のしっとり感のコントラストが抜群。

牛肉の年間支出額は全国一位!肉マニアが超オススメする「京都 肉の名店」3選
艶めかしいほどの赤身肉。揚げ焼きというスタイルながらも、一気に焼くことで油っぽさは皆無。柔らかい赤身肉は旨味や肉汁がギュっと凝縮されていて、噛めば噛むほど旨味が口の中に広がります。塩とコショウのみのシンプルな味付けがお肉のおいしさを引き立てていて、極上の味わい。
赤身肉ファンだけでなく霜降り好きな人にも、オススメしたい名店です。

[ル・キャトーズィエム (le 14e)]

肉専科はふう

牛肉の年間支出額は全国一位!肉マニアが超オススメする「京都 肉の名店」3選
丸太町駅から歩いて10分ほど、京都御所の南の閑静な住宅街にある「肉専科はふう」。オーナーの実家が精肉の卸を営まれ、産地やブランドにとらわれることなく厳選した上質の和牛を堪能できる、肉料理専門の洋食レストランです。

牛肉の年間支出額は全国一位!肉マニアが超オススメする「京都 肉の名店」3選
外観はなんとなく敷居が高そうな雰囲気ですが、店内は気軽に食事を楽しめる居心地いい空間。細長のキッチンに面する長いカウンター席では、シェフ達の手仕事を間近で楽しめるのが魅力です。

牛肉の年間支出額は全国一位!肉マニアが超オススメする「京都 肉の名店」3選
「カツサンド」や「ビフカツ」が有名なはふうですが、筆者のオススメは「はふうステーキ丼」。ランチでは小鉢、サラダ、味噌汁、ご飯、香の物、コーヒーか紅茶がついて2,800円になります。

牛肉の年間支出額は全国一位!肉マニアが超オススメする「京都 肉の名店」3選
ご飯の上に薄くスライスされたステーキ、ネギがたっぷりトッピングされたステーキ丼。ほどよいサシが入ったお肉が使われていて、上品なジューシー感たっぷり。醤油ベースの和風タレ、ネギ、西洋わさび、白ごまと完璧に調和。計算し尽くされた極上の逸品。

お肉の香ばしさが秀逸で、食した後まで口の中まで広がります。肉汁やタレが染み込んだご飯は絶品! ディナーよりもランチタイムの方がお得なので、気軽に上質なお肉を楽しみたい時にオススメですよ。

[肉専科はふう]

秋も深まり、そろそろ紅葉の美しさがピークを迎える京都。赤色に染まる絶景を見た後は、心まで幸せにしてくれるお肉を堪能してみませんか?

[総務省統計局]
[All photos by Nao]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。