体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マリメッコのアメニティも。フィンエアー「エコノミーコンフォート」搭乗ルポ

たったプラス70ユーロで快適旅!フィンエアー「エコノミーコンフォート」搭乗レポート
長時間のフライトで一番気になるのが「座席」。日本から欧米の便になると、飛行機に乗っている時間が約10時間になるなんていうことも少なくありません。日の半分を機内で過ごさなくてはならないのですから、座席はかなり重要。

各航空会社には、エコノミーよりも少し座席を広めにしたクラスがありますが、北欧フィンランドのフラッグシップである「フィンエアー」にも、「エコノミーコンフォート」というクラスがあります。たった70ユーロ(筆者が予約した便の場合)で快適なフライトを過ごせちゃう、「エコノミーコンフォート」搭乗ルポをお伝えします。

プラス70ユーロで足元に余裕ができる!

たったプラス70ユーロで快適旅!フィンエアー「エコノミーコンフォート」搭乗レポート
フィンエアーの長距離路線でも、成田ーヘルシンキ便はエアバス社の「A350」という最新機材を使用しています。新しい機材ということもあり、機内はピカピカ。天井も高く、圧迫感を感じない作りなのも良いところです。

今回、筆者がヘルシンキの往復で搭乗したのもこの「A350」で、このエコノミークラスの前列部分が「エコノミーコンフォート」というクラスになっています。

フィンエアーのエコノミーコンフォートの特徴は、公式サイトによると以下の通り。

・8~13cm広いレッグルーム
・座席は、エコノミークラスの前方4列または5列に配置されます(機種によって異なります)。
・使い心地のよいヘッドレスト(A350を除く)
・ファーストクラスのお客様とご一緒に搭乗/降機
・長距離便のみ:ノイズキャンセリングヘッドホン
・長距離便のみ:パーソナルアメニティキット(マリメッコの「キヴェット」模様のコットンバッグに耳栓、アイマスク、靴下、歯ブラシと練り歯磨きをご用意)
・Wi-Fi1時間無料(ワイドボディー機)

通常のエコノミーよりも足元が「8~13cm」も広いというのは嬉しいですね! フィンエアーでは予約クラスによって座席指定が有料になるのですが、エコノミーコンフォートは、筆者が予約をした時点では70ユーロ(約7500円)だったので、早速往復で予約をしてみました。

当日、ビジネスクラスの次の優先搭乗で機内に案内されます。早めに席にいけるのもよいですね。早速座席を探してみると・・・。

たったプラス70ユーロで快適旅!フィンエアー「エコノミーコンフォート」搭乗レポート
これがエコノミーコンフォートの座席です。写真を見ただけだとちょっとわかりにくいですね。

たったプラス70ユーロで快適旅!フィンエアー「エコノミーコンフォート」搭乗レポート
横から見ると、足元の広さはこれくらいあります。この席のすぐ後ろが通常のエコノミークラスなので、足元が広いのがわかっていただけるのではないでしょうか?

実際に席に着いてみると。

たったプラス70ユーロで快適旅!フィンエアー「エコノミーコンフォート」搭乗レポート
足の前方にかなりの余裕が! 筆者は身長155cmで、通常のエコノミークラスだと前の席に膝がついてしまいそうなことが多いのですが、今回は全くそんなことはありませんでした。

たったプラス70ユーロで快適旅!フィンエアー「エコノミーコンフォート」搭乗レポート
こんな風に、余裕で足も組めちゃいます! 前方のポケットに水のペットボトルを2本入れてても問題ありません。これは嬉しいですね!

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。