体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

桑田佳祐、『MVP』初回限定盤にKUWATA BANDの幻のMV収録

桑田佳祐のソロ30周年を記念して2018年1月3日(水)に発売されるベストMV集『MVP』の初回限定盤に、今まで正式に発表されていなかった映像を含む、KUWATA BANDのMVが3曲収録されることが決定した。
「スキップ・ビート」映像キャプチャ (okmusic UP's)

1986年に1年間限定で活動し、日本のロックに革新を巻き起こし一世を風靡した、桑田率いるKUWATA BANDの名曲「BAN BAN BAN」「スキップ・ビート (SKIPPED BEAT)」「MERRY X’MAS IN SUMMER」の3曲のMVをコンパイル。驚きなのが「BAN BAN BAN」、「スキップ・ビート (SKIPPED BEAT)」は、当時ビデオコンサートおよびレコードショップの店頭販促用として使用された映像であったが、その後所在が不明になっていたため、一般ではほとんど見ることができなかった幻の映像であり、『MVP』にて本邦初作品化となる。「BAN BAN BAN」は当時のレコーディングの模様とサイケデリックな映像エフェクトで構成され、「スキップ・ビート (SKIPPED BEAT)」では舞妓の舞が流れる大きなスクリーンをバックにバンドのフルメンバーで演奏している模様をビデオにした、30年以上の時を経てもアバンギャルドでクールな映像となっている。『MVP』の制作作業をしている中、スタッフが桑田の30年分の素材を見返していたところ発掘され、当時のフィルムテープから無事作品化出来ることになった。

『MVP』には、本作のために新たに制作されるソロデビュー曲「悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)」、「真夜中のダンディー」「波乗りジョニー」「白い恋人達」「明日晴れるかな」「月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)」「明日へのマーチ」「100万年の幸せ!!」「ヨシ子さん」「若い広場」など、“30周年”を締め括るにふさわしい“全30曲”が収録されることがすでに発表されており、桑田のMVを完全網羅した豪華な内容が話題となっている。そんな中、作品の内容をもっとボリューム、パワーアップするために当初予定されていた12月の発売日を来年1月3日に延期変更することが発表されたことでよりいっそう作品への注目が集まっていた中での今回の発表となった。

本編30曲に加え、初回限定盤には追加で3曲収録ということで最大計33曲収録の “ベストMV集”というにふさわしい超豪華な内容となった『MVP』。大ヒット中のニューアルバム『がらくた』に、全国アリーナ&5大ドームツアー、そして『MVP』と、まだまだ桑田から目が離せない!
Blu-ray&DVD『MVP』
2018年1月3日(水)発売

【Blu-ray 初回限定盤】

VIXL-900/¥5,800+税

※初回限定盤はプレミアムパッケージ仕様

【Blu-ray 通常盤】

VIXL-901/¥5,800+税

【DVD 初回限定盤】

VIBL-1400~1401/¥5,800+税

※初回限定盤はプレミアムパッケージ仕様

【DVD 通常盤】

VIBL-1402~1403/¥5,800+税

<収録内容>

1.悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE) [1987]  

2.SHE’S A BIG TEASER [1988] 

3.真夜中のダンディー [1993]

4.月 [1994]

5.祭りのあと [1994]

6.波乗りジョニー [2001]

7.白い恋人達 [2001]

8.東京 [2002]

9.ROCK AND ROLL HERO [2002]

10.素敵な未来を見て欲しい [2002]

11.明日晴れるかな [2007] 

12.風の詩を聴かせて [2007]

13.ダーリン [2007]

14.君にサヨナラを [2009]  

15.本当は怖い愛とロマンス [2010]

16.銀河の星屑 [2011]

17.それ行けベイビー!! [2011]

18.月光の聖者達(ミスター・ムーンライト) [2011]

19.明日へのマーチ  [2011]  

20.Let’s try again 〜kuwata keisuke ver.〜 [2011]

21.幸せのラストダンス [2012]

22.100万年の幸せ!! [2012]

23.愛しい人へ捧ぐ歌 [2012]

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。