体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いつものマカサラの上位互換!筋肉料理人の「鶏むね肉でジューシーマカサラ」【男の常備菜】

f:id:kinniku39:20171116173401j:plain

こんにちは~筋肉料理人です!

マカロニサラダやポテトサラダは総菜の定番なんですが、不思議にお酒のおつまみにも最高。居酒屋さんに行っても「とりあえず頼んでしまうメニュー」ですよね。

今日は、そんなマカロニサラダをお総菜屋さん風に、そして鶏むね肉を使ってヘルシーにボリュームアップして作ります。鶏むね肉はヘルシーなお肉なんですが、普通に加熱するとパサパサ、うま味がないなど人気がありません。ですが、今日は「ある下処理」をすることで、柔らかジューシーな蒸鶏にしてマカロニサラダに加えます。自分で作るマカサラはひと味違いますよ! まずは蒸鶏作りから始めます。

筋肉料理人の「電子レンジで作るジューシー蒸鶏」

【材料】鶏むね肉1枚分

鶏むね肉 1枚(300g)

(A) 日本酒 大さじ2 塩 小さじ1/4 鶏ガラスープの素 小さじ1/2 砂糖 小さじ1/2 おろしにんにく 小さじ1/5

作り方

1. 鶏むね肉は皮と余分な脂肪を切り取ります。

f:id:kinniku39:20171116173428j:plain

2. 皮を外したら、皮がついていた方を下にしてまな板に置きます。肉の中央に線が入っているので、線の部分から包丁で切り込んで観音開きにしましょう。こうすることで全体的に同じような肉の厚みにします。開いたら、全体を包丁の先で刺して筋切りします。

※筋切りすることで肉の縮みを防ぎ、下味が入りやすくなるようにします。

f:id:kinniku39:20171116173433j:plain

3. 耐熱皿に鶏むね肉をのせ、混ぜ合わせた(A)をかけます。何度か返すと肉が下味調味料を吸います。

f:id:kinniku39:20171116180820j:plain

4. ラップを被せて電子レンジ500wで5~6分加熱します。途中、一旦取り出し、肉を返して加熱むらを防ぎます。

f:id:kinniku39:20171116173439j:plain

5. 加熱が終わったら、ラップを被せたまま冷まし、粗熱が取れたら手で小さく裂きましょう。これでジューシー蒸鶏のできあがり。次はこの蒸鶏を使ってマカロニサラダを作ります。

※加熱後、鶏むね肉からは肉汁が出ています。肉汁に漬けたまま冷ますことで肉汁が鶏むね肉に戻り、ジューシーになります。手で裂く時は肉の繊維にそって裂き、裂いたら肉汁につけて肉汁を吸わせましょう。ちょっと驚きの柔らかさ、ジューシーな仕上がりになります。

筋肉料理人の「ジューシー蒸鶏のマカロニサラダ」

【材料】4人分

電子レンジで作るジューシー蒸鶏 2/3枚分 サラダ用マカロニ 100g きゅうり 1本 にんじん 1/4本 玉ねぎ 1/3 マヨネーズ 大さじ4 塩、こしょう 適宜 昆布出汁の素 小さじ1/2 電子レンジで作るジューシー蒸鶏の肉汁 大さじ1 付け合せのベビーリーフ、ミニトマト 適宜

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。