体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ナカジマノブ(人間椅子)&MUNE(ハードコアチョレート)酒場対談! Tシャツデザイン秘話から家呑みレシピまで

img_7567

バンド生活28年、20枚目のスタジオアルバム『異次元からの咆哮』を引っさげた全国ツアーが超盛り上がりの人間椅子。人間椅子といえば、和とロックと怪奇のテイストが融合した独特のアートワークが毎回話題ですが、今回のツアーTシャツはこちら!

昨年秋の全国ツアー「地獄の季節」に引き続き、ホラー・カルト映画や往年の名作映画、プロレスからアニメまで、様々なジャンルを自らのブランドカラーに染め上げるアパレルブランド「ハードコアチョコレート」(通称:コアチョコ)がデザインしているのです。

コアチョコ

▲コアチョコ限定ピンク

人間椅子×コアチョコ、世紀のサブカルコラボ第2弾を記念して、今回も人間椅子・ナカジマノブさん&コアチョコ代表・MUNEさんにお話を聞いてきました! Tシャツデザインのこだわりから、酒呑み2人の“超簡単おつまみ”の紹介もあるよ。

p1210005

――今回も素晴らしいTシャツですが、デザインのポイントを教えてください!

MUNE:アルバム『異次元からの咆哮』を聴いたイメージをそのままデザインさせてもらいました。風神と、月と、もののけと……。言ってみればそのまま曲の要素を配置してるって思われるかもしれないですけど(笑)、人間椅子は世界観が毎回すごくしっかりしているので、デザインのイメージが即、沸くんですよね。世界観がちゃんとしていなくて、何となく「デザインお願いします」だとうーんって結構辛かったり。

ナカジマノブ:そう言ってもらえると嬉しいですね! 前回MUNEさんに作っていただいたTシャツが本当に好評で。ファンの皆さんにももちろん、何よりも僕たちメンバーがめちゃくちゃ気に入ってるので。基本的に「人間椅子」は漢字の決まっているロゴがあるんですけど、MUNEさんがデザインしてくれたのはローマ字なんですよね。それがすごく新鮮で、カッコ良くて今回もそれは活かしてもらって。

MUNE:せっかくコラボさせてもらっているので、コアチョコの要素も入れさせてもらいたい、と思ってデザインしましたが、受け入れてもらってありがたいです! もともとコアチョコを知らなかった人間椅子ファンの皆さんがショップに買いに来てくれて、これぞコラボの醍醐味ですよね。

ナカジマノブ:今回も人間椅子限定とコアチョコ限定の2色作ってもらったんだよね。人間椅子がイエロー、コアチョコがピンク。俺はどっちのカラーも好きだけど、和嶋くんと研ちゃんが、オレンジとかグリーンとか健康的な色が結構好きなんだよ(笑)。

――ビタミンカラーがお好きってちょっと意外ですね!

ナカジマノブ:そうなんだよ(笑)。

img_7582

MUNE:人間椅子の個性っていうか異質感の面白さ、みたいなものを表現したい時にカラーってすごい大切ですね。赤黒もすごいカッコイイんだけど、ぱっと見た時のインパクトっていうとこのカラーリングがいいなって。

ナカジマノブ:うんうん、最近ライブとかイベントでもコアチョコグッズ身につけている人も多くて、すげー広がってるなあって思います! そういえばこないだ和嶋君が大阪のコアチョコに行って大感激してたね。藤子不二雄A先生の服を大量に買ってた。あと『ムー』。最近ムーTシャツばっかり着てるから(笑)、ファンの皆さんも結構見てくれてると思うけど「ノブくん、これすごくいいんだよ」(和嶋さんのモノマネしつつ。激似です)って。

1 2 3 4次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。