体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「クウデタア」が一人の人間の内部で起きることーーーー戦後文学者と少年テロリストたち/『クウデタア』原作者・大塚英志さんインタビュー(後半)

「クウデタア」が一人の人間の内部で起きることーーーー戦後文学者と少年テロリストたち/『クウデタア』原作者・大塚英志さんインタビュー(後半)

 まんが原作者・批評家である大塚英志さんの最新作である『クウデタア 完全版』(KADOKAWA)が発売になりました。舞台は敗戦の開放感と新時代への不安が入り混じる1950年後半と1960年前半、三島由紀夫、大江健三郎、石原慎太郎、江藤淳という戦後文学の担い手たちと、内なる「クウデタア」を決行した少年たちを描いた青春群像の物語です。原作者の大塚さんに『クウデタア』の時代について引き続きお話を聞かせていただきました。

■「黒子」が見えるのか見えないのかという違い

—- 今回の『クウデタア 完全版』の前半部分でもある単行本は以前にイーストプレスから出ていて、残りの部分はKADAKAWAのサイト『コミックウォーカー』で連載されていました。イーストプレス版のラストはミッキーマウスのようなキャラクターがいましたが完全版にはいないのは何か理由があるのでしょうか?

大塚:あれは、要は旧版では終らなかったわけです。旧『クウデタア』はフランス版刊行が先行していて、ひとまず頁数の上限もあって、山口二矢(Y)を描くつもりだったのに、投石少年(M)の方が面白くなってきたので彼の方を描きこんでしまって肝心のYが描けなかった。あと小松川事件の李珍宇(K)も膨らんだ。時系列的にはYの事件が一番最後なんで、そこまでたどり着けなくて、フランス語版に仕方ないく入れていた頁です。なんか終った感じを出すために。

 それで、めでたく、「その後」を描く完全版を出すことになって、削除しました。ミッキーに問題があったわけではない。

—- 冒頭の三島由紀夫と三人の少年テロリストのシーンはイーストプレス版にはないんですか?

大塚:あれも本来はイーストプレス版に載せる予定はなかったです。フランスの編集者がわからないって言い出したので、それならフランス人向けにわかりやすくするよって追加した部分ですね。結局、イースト版にもおなじくわからないっていわれて載せましたが。

—- わからないって言われたんですか?

大塚:そう。

—- 「内面」についての描写みたいなことですか?

大塚:フランス人に関して言えば、彼らの期待する「日本」じゃないから。それで、能とかもちだしてもっともらしく説明したけど、これは三島由紀夫がやったのとおなじ皮肉です。『憂国』という映画を撮る時に「とにかく影をつけろ、影をつけたらフランス人は芸術だと思うから」って撮影現場で言っていて、それと同じことをやったわけです。ほら、「日本」でしょって。

—- それで彼らと一緒のシーンに「黒子」もいるんですか。

大塚:そう。能を思わせる枠組みにすればフランス人はいいんでしょっていう。「日本版」出すにはフランス版を先にだすと今度はフランスの権威に騙されて日本版がだせるという戦略でした。

—- そういうことなんですね。

大塚:未だ、フランス人の日本文化の理解なんてそういう水準の人も多い。

—- しかし、「黒子」の存在が説明過多ですよね?

大塚:過多。でも、そうしないとわかんないっていうから。今回のバージョンではイントロはカットしようかなって思ったんだけど。

—- でも、いた方がわかりやすいです。

大塚:「黒子」の男は別に能の黒子と全然、関係ないんだけどね。

—- 「黒子」はYの女の子の同級生がいる時には見えなかったりしますね。

大塚:人によって見えたり見えなかったり。

—- 投石少年も当時の皇太子に石を投げてから見えるようになったりもします。

大塚:三島と大江には見えるけど、江藤と石原には見えない。それはたぶん彼らの文学の違いだったり、三島と大江のある種の近さだったりする。まあ、そんなことは自分で考えよう、読めばわかるよってことです。

■「クウデタア」が一人の人間の内部で起きるということ

—- Yが所属していた右翼の党首が「彼の中にはもう一人の自分がいてそれが内から彼自身の覇権を主張しているというか それじゃあまるでクウデタアだな 人を国家に置き換えれば」というセリフを言っているのが印象的でした。

大塚:その内的なクウデタアを外化する時に、彼らはテロとか犯罪みたいなものに向かっていってしまったということです。

—- それは時代性という部分も大きかったりしますか?

1 2 3 4次のページ
BOOKSTANDの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会