体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

こんなの待ってた!餃子もピザも食べたい人のための「カリカリピザ風揚げ餃子」

f:id:kamekichipapa:20171102160220j:plain

嫁さん評価 ★★★☆☆

「これで中身が普通の餃子だったら逆に面白いかもだわね。絶対に餃子とは違う味って分かる見た目だからね」

娘評価 ★★★★★

「餃子の皮がパリパリで、中身は好きな感じの味やし、これいいね。でもどう考えてもこれはパパの酒の肴やね」

その昔、通っていた調理師学校の中華料理の試験科目に、「餃子の包み方」というのもありました。丸めた生地を綿棒で伸ばして、ひだ付き餃子を作る。時間と見た目のキレイさで合格が決まるんやけど、何百個、いや何千個も包んだ懐かしい思い出ですわ……。

で、今回はベーコン、マッシュルーム、ピーマン、チーズで作る味も見た目もピザみたいな洋風餃子。見た目もひと工夫して、餃子の皮で包まずにサンドする感じやね。包むのが面倒とかいう人は今日のがええんちゃうかな。チーズが入ってるから、秘密兵器を使ってしっかりと挟み込むんですわ!

かめきちパパの「カリカリピザ風揚げ餃子」

【材料】(2人分)

餃子の皮 12枚 薄切りベーコン 2枚 マッシュルーム 1個 ピーマン 1/2個 ピザ用チーズ 30g ピザソース 大さじ2 水 適量 揚げ焼き用油 適量

作り方

f:id:kamekichipapa:20171102160231j:plain

1. ベーコン、マッシュルーム、ピーマンは粗みじんに切ります。

f:id:kamekichipapa:20171102160234j:plain

2. 餃子の皮にピザソースを塗りピーマン、マッシュルーム、ベーコン、ピザ用チーズをのせます。

f:id:kamekichipapa:20171102160237j:plain

3. 餃子の皮のまわりに水を塗り、もう1枚の餃子の皮で覆って端を指で押さえながら 止めます。そして餃子の皮の周りをフォークでしっかりと押さえていきます。(このフォークが秘密兵器。揚げているうちにチーズがはみ出ないように、餃子の皮をつぶす感じでしっかりと止めます)

4. 小さめのフライパンに底から1㎝くらいサラダ油を入れて、3を揚げ焼きにします。両面に薄いきつね色になったら完成。(薄いきつね色くらいで引きあげたら余熱でちょうどいいか感じの色に!)

チーズだけで作ってもええよ

f:id:kamekichipapa:20171102160227j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。