体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“リアルタイムプレビュー”で思い通りに作れる!Windows&HTML5対応ノベルゲームエンジン「Light.vn」のススメ

フリーゲームや有償同人ゲームなど、多くのノベルゲームは既成の「ノベルゲームエンジン」をベースに制作されている。「吉里吉里」や「NScripter」といった老舗をはじめ従来はWindows環境で動作するエンジンが中心だったが、ここ数年の大きなトレンドとしてブラウザ・スマートフォン対応が挙げられ、こうした流れに沿ったHTML5ベースの新しいエンジンも登場してきている。KADOKAWAより今冬の発売が予定されているノベルゲーム制作ツール「ラノゲツクールMV」もHTML5をベースにマルチデバイス対応を謳う製品だ。

一方でWindowsに特化したエンジンも、動作の安定性やパフォーマンスなどで一日の長がある。ほかにも制作のしやすさなど、ノベルゲームエンジンを選ぶにはさまざまな基準があるが、今回は最近採用作品を見かける機会が増えてきた「Light.vn(ライト・ヴィエン)」を紹介したい。個人開発者のhsdk.bd(炯淳)氏が2012年から開発しており、ダウンロードも制作したゲームの配布・販売も無料で自由に行えるエンジンだ。
light.vn-web

「Light.vn」公式サイト

本記事では「Light.vn」の特徴と実際の制作画面、そして「Light.vn」採用作品も併せて紹介しよう。

「Light.vn」の特徴

対応プラットフォームという観点における「Light.vn」の特徴は、Windowsネイティブのアプリケーションとしての配布と、HTML5形式の配布の両方に対応すること。制作したゲームをC++ベースで軽快に動作するWindowsアプリケーションとして配布しつつ、同じゲームのHTML5版を出力してブラウザプレイに対応させたり、スマホアプリ版を制作可能となっている(ただし執筆時現在、HTML5出力機能はベータ版として提供されている)。なお、ゲーム制作を行う環境自体はWindowsが前提となる。

またゲーム制作の面では、日本語ベースのスクリプトによる制作専用エディターによる編集内容のリアルタイムプレビューが大きな特徴。とくにリアルタイムプレビューはスクリプトを編集したことにより発生する変化がその場で確認できるので、初心者でも「意図と違う挙動になってしまったが、どこが悪いのかわからない」といった状態に陥ることがなく、デバッグの労力を大幅に削減できるだろう。ちなみに「ラノゲツクールMV」もリアルタイムプレビューが搭載予定となっており、今後、ノベルゲーム制作のハードルを下げる機能として注目を浴びていきそうだ。

日本語ベースのスクリプトについては、正直に言えば筆者は実際に体験するまで「記述が煩雑になるのではないか」とやや懐疑的であった。ただ実際にはスクリプトのコマンド名やオプションが日本語というだけで、基本的な記述形式は一般的なスクリプト言語に近いもので馴染みやすい(逆に言えば、自然言語で記述ができるといったものではない)。そしてスクリプトをざっと見渡したときに、どういう処理を行っているのか直感的に把握しやすいのは大きなメリットであると感じられた。なお、コマンド名は英語で記述することも可能なので、英語の方が書きやすいといった場合でも安心だ。
light.vn-script

「Light.vn」サンプルゲームのスクリプトの一部。エディター上では色分けも施され、どういった処理を行っているのかぱっと見で把握しやすい

リアルタイムプレビューによる直感的なノベルゲーム制作

それではこれよりエディターの画面を交えつつ、「Light.vn」による基本的な制作の流れなどを紹介していこう。まずは公式サイトからリンクを辿り、「Light.vn」本体とサンプルゲームのセットをダウンロードする。ZIP形式で配布されているアーカイブを展開したら「LightEditor.exe」を起動するとエディターが開く。この時点で既にサンプルゲームが読み込まれた状態となっており、画面右側に表示されているスクリプトの適当な行をクリックすると、画面左側のプレビュー画面に実際のゲーム実行時と基本的に同じ状態が再現される。ここで文章の挿入や削除といった編集を行えば、プレビュー画面へリアルタイムに反映される
light.vn-editor

1 2 3 4 5次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。