ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

トヨタ アルファード/ヴェルファイア、マイナーチェンジで新世代セーフティセンスが採用される

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
▲衝突被害軽減ブレーキや車線逸脱警報で構成されている、トヨタセーフティセンスが大幅な進化を遂げる。自転車や夜間の歩行者検知も可能になるようだ。アルファード/ヴェルファイアを皮切りに採用されていく

▲衝突被害軽減ブレーキや車線逸脱警報で構成されている、トヨタセーフティセンスが大幅な進化を遂げる。自転車や夜間の歩行者検知も可能になるようだ。アルファード/ヴェルファイアを皮切りに採用されていく

初の本格的なマイナーチェンジは間近

2015年1月のフルモデルチェンジ後も、成功を収めているトヨタのラージサイズミニバン、アルファード/ヴェルファイアが、待望の手直しでリニューアルされる。

初の本格的マイナーチェンジでは、フロントマスクやリアコンビランプ、アルミホイールが刷新される。真新しさが引き出され、それぞれのキャラクターを一段と強調するようだ。エアロ仕様では、サイドマッドガードにメッキトリムが追加され、華やかさが増す。

安全デバイスがセットになったセーフティセンスは、新世代バージョンが初採用される。いちばんの見どころは、車と歩行者に加えて、自転車も検知できるようになる点だ。時速約80km/h以下で走行中に衝突しそうになった場合、警報や自動ブレーキが作動する。

上図のとおり、現行のセーフティセンスPは、日中に限って歩行者を検知できるが、アルファード/ヴェルファイアに採用される新世代バージョンは、単眼カメラの精度が上がるためか、夜間でも検知可能になる。クルーズコントロール使用時には、車線逸脱を防ぐステアリングアシストも働いて、高速道路でのロングドライブもサポートする。

この他、読み取った道路標識をマルチインフォメーション画面に表示する、トヨタ初のロードサインアシストも織り込まれる。

贅沢なキャビンはさらに洗練される

アルファード/ヴェルファイアのウリのひとつである、贅沢なキャビンはさらに進化。現在は標準ボディのみに設定される、2列目シートに格納式テーブルや快適温熱機構、電動オットマンが備わるエグゼクティブランジは、マイナーチェンジを機に、エアロ仕様にもラインナップされる。

シート表皮は、セミアニリン本革からナッパレザーに差し替えられ、エアロ仕様専用のホワイト内装も新設定される。シルバーの木目調パネルと白いレザーシートがモダンな空間を作り出すに違いない。

前後ドアウインドウの遮音ガラス化やプライバシーガラスへのUVカット機能の追加、フロントシートへの送風機能追加など、ラグジュアリー感を引き立てる改良点が目白押しだ。

セールスポイントに掲げられている、助手席ロングスライドシートは2.5Lモデルに集約され、V6エンジン搭載車からはドロップ。標準ボディの8人乗りがエントリーグレードに集約されるのも変更点のひとつだ。

▲エアロ仕様にも拡大設定される、エグゼクティブランジには、ナッパレザー採用のホワイト内装が新たに採用される。シルバーの木目調パネルも専用装備

▲エアロ仕様にも拡大設定される、エグゼクティブランジには、ナッパレザー採用のホワイト内装が新たに採用される。シルバーの木目調パネルも専用装備

直噴化と8速ATの採用で、V6モデルの燃費が向上

パワートレインでは、3.5L V6モデルの搭載エンジンが大幅リニューアルされる。直噴仕様に変更され、アイドリングストップ機構も備わる。従来型比+20psの300psを発生させながら、JC08モード燃費は10.6km/Lから10.8km/L程度に向上する見通しだ。

操縦安定性と乗り心地を高める狙いで、ショックアブソーバーが改良され、ドア開口部には構造用接着剤が用いられて、ボデイ剛性にも磨きがかけられるようだ。各部に手直しが施され、静粛性の向上も図られる模様。

内容盛りだくさんの新型アルファード/ヴェルファイアは、2018年1月16日に発表されて、同月20日、21日に店頭発表会が行われる計画だが、ハイブリッド仕様の生産が遅れるため、まずはガソリン車が各店舗に配車されるようだ。

※2017年11月4日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

【SPECIFICATIONS】

■予想発表時期:2018年1月16日

■全長×全幅×全高:4945×1850×1935(mm)

■搭載エンジン:3.5L V6 他

text&photo/マガジンX編集部

関連記事リンク(外部サイト)

CX-8だけじゃない! 中古車で買える3列シートのSUVに注目!
手ごろなハイブリッド車ならアクア? いやいや、実はプリウスEXというものがあるんです!
自動車愛好中高年よ、あきらめるな。「空冷ポルシェ 911」を計画的に攻め、末永く慈しもうじゃないか!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
日刊カーセンサーの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。