体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お風呂で読めるようになった『Kindle Oasis』レビュー 7インチ大画面と物理ボタンが快適な読書体験をもたらす

お風呂で読めるようになった『Kindle Oasis』レビュー 7インチ大画面と物理ボタンが快適な読書体験をもたらす

Amazon.co.jp(以下Amazon)が10月末に出荷を開始した、電子書籍リーダー『Kindle』の最上位機種『Kindle Oasis』新モデルのレビューをお届けします。

『Kindle』シリーズ最大の7インチ、300ppiのディスプレーを搭載、シリーズで初めて防水機能を搭載した電子書籍リーダー。価格は、8GBモデルが3万3980円(税込み)、プライム会員は2万9980円(税込み)。32GBモデルが3万6980円(税込み)、プライム会員は3万2980円(税込み)。32GBの3G対応モデルが4万4980円(税込み)、プライム会員は4万980円(税込み)です。

kindleoasis_rev2 kindleoasis_rev3

パッケージの中身は、シンプルに本体とUSBケーブルのみ。前モデルはバッテリー内蔵カバーが付属しましたが、カバーは別売りになりました。

kindleoasis_rev4 kindleoasis_rev5 kindleoasis_rev6

最薄部は前モデル同様3.4mmで、左右で厚さが異なるエルゴノミックデザインを採用。厚いグリップ部分を左右どちらの手で持っても、画面が自動で回転して表示方向を調整してくれます。背面はアルミニウムを採用し、質感のある手触りが印象に残ります。

kindleoasis_rev7 kindleoasis_rev8

起動後は言語を選択してWi-Fiに接続、Amazonアカウントでログイン後、機能制限などを設定すると、使い方、ホーム画面が表示されセットアップ完了。

kindleoasis_rev9

300ppiのディスプレーで表示する文字は視認性良好。前モデルの6インチから7インチにディスプレーが大型化したことにより、前モデルと比べて30%多く文字を表示可能になったほか、LEDライトが前モデルの10個から12個に増え、より均一な明るさの画面になっています。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会