体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あなたもできる!バイトや学校でもう怒らない3つの技術

書評ライター・ホラノコウスケです。

「バイトの店長に嫌な言い方された!」

「学校で友だちに冷たくされた!」

「家族がいちいちうるさくてイライラする!」

そんなとき、ついつい怒ってしまいませんか?

怒りというのは誰にでもある自然な感情です。
しかしそれをコントロールできなければ、どうなるでしょう?
バイト仲間や友人グループ、家族ともギクシャクして居場所がなくなってしまうかもしれません。

では、どうしたら良いのでしょうか?
そこで今日紹介するのは、アンガーマネジメント(怒りの感情と上手に付き合う心理トレーニング)です。
本『○×まんがでスッキリわかる もう怒らない本』より、3つの技術を紹介します。

参考:https://www.amazon.co.jp/dp/4799321668

1.まずは6秒数える

あなたもできる!バイトや学校でもう怒らない3つの技術

怒ることで「ストレス発散になる」「スッキリする」というのは大きな間違いです。むしろ、怒りがさらに大きくなってしまうのです。
怒りの感情をもったときに、一番避けなければいけないのは、反射的な言動です。

P.21
怒りが発生してからピークをすぎるまでの時間は、およそ6秒だといわれています。
(中略)
怒りを感じたらとにかく6秒数えることを習慣にすると良いのです。6秒待てれば、よりよい選択肢を選ぶチャンスができるからです。

P.23
ついカッとなった瞬間、何か言ったり行動するのではなく、とにかく心のなかで6秒数えるのです。

母「ちょっと。ちゃんと部屋かたづけたの?」

あなた「はぁ?やったし!いちいち言わないでよ!」

こうなると、二人のやりとりはヒートアップ。ますます怒りが大きくなるのです。

以下のように6秒数えてみるとどうでしょうか。

母「ちょっと。ちゃんと部屋かたづけたの?」

あなた「(あぁ…やばいやばい、1、2、3、4、5、6…)うん、片付けたよ」

少し落ち着いて対応できそうですね。

2.その場から一旦離脱

あなたもできる!バイトや学校でもう怒らない3つの技術

頭に血がのぼった状態では、建設的な話し合いなどできません。怒りの原因と向き合い続けることは、よいこととは限らないのです。

1 2 3次のページ
タウンワークマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。