ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

仮想通貨を簡単に発行できるICO専用プラットフォーム「CoinLaunch」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ICO(新規仮想通貨公開)とは、ブロックチェーンをベースとする仮想通貨を活用した資金調達手法のこと。

カナダのトロントでは、2017年10月、ICO専用プラットフォーム「CoinLaunch(コイン・ローンチ)」のベータ版が開設され、すでに世界60カ国以上からユーザー登録が殺到している。

・ICO専用プラットフォームが誕生

「CoinLaunch」は、ICOを通じて売却される仮想通貨の開発から、ICOの実施、出資者による仮想通貨の購入までを、ワンストップで実現するプラットフォームだ。

無料で開放されているウェブツール「Coin Creator(コイン・クリエイター)」を使えば、プログラミング技術などを必要とせず、ブロックチェーンのプロトコルの一つであるEthereum(イーサリアム)をベースとした独自の仮想通貨を誰でも簡単に生成できる仕組み。

仮想通貨が準備できたら、仮想通貨の発行枚数や販売期間、資金調達の目的などを「CoinLaunch」に登録し、ICOを実施する流れだ。

出資者は、キックスターターに代表されるクラウドファンディングサービスのように、「CoinLaunch」でICOを実施している企業やプロジェクトの概要をチェックし、賛同するものがあれば、その仮想通貨を購入することができる。

「CoinLaunch」では、このプラットフォームで調達された資金の4%から10%を手数料として課金する方針だ。

・ICOによる資金調達が急速に拡大中

ブロックチェーン専門メディア「Coindesk」によると、ICOによる資金調達累計額は、2017年9月30日時点で25億1500万ドルを超え、前年同月同日の2563万ドルから大幅に拡大している。

「CoinLaunch」のようなプラットフォームが整備されることで、ICOの市場はますます広がっていきそうだ。(文 松岡由希子)

CoinLaunch

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。