ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

女子高生を演じる30歳、桜井ユキが「この人、やるな」と思うデートメシは案外渋かった!【女優メシ】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:hotpepper-gourmet:20171020140731j:plain

24歳から女優のキャリアをスタートして26歳で映画デビュー。スタートは遅かったものの、そこから月9ドラマ、園子温監督作品の常連になるなどメキメキ頭角を現した桜井ユキ。最新出演映画『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY – リミット・オブ・スリーピング ビューティ』では、人気俳優、高橋一生とのラブシーンでスレンダーな体を披露! そんな美しい体を保つ、女優の食事事情とは?

映画の中では17歳から29歳までを演じ切る!

f:id:hotpepper-gourmet:20171020140807j:plain

――映画『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY – リミット・オブ・スリーピング ビューティ』は目まぐるしいほどの怒濤(どとう)の展開で物語が進みますが、撮影中、気持ちの切り替えはできましたか?

桜井:私が演じたのは女優を夢見ながらマジシャンの助手をするオリアアキ。作品の中で17歳から29歳までのアキを演じたのですが、年齢ごとにウィッグや衣装で変化をつけて気持ちを切り替えていました。

数日間で体重を減らすときには、水とバナナだけで過ごす女優魂

f:id:hotpepper-gourmet:20171020125324j:plain

――桜井さん、今、年齢は……。

桜井:30歳です。さすがにこの年齢で17歳の役を演じるのは驚きましたけど(笑)。

――お世辞抜きで、本当に10代に見えました! あどけない表情が印象的で……。

桜井:ホントですか!? うれしい(笑)。おっしゃるように、表情はすごく気を付けました。年齢は表情や声に如実に出るので、演じるうえで意識しましたね。映画を観ている方が「これ、絶対10代じゃないでしょ」と思った瞬間に冷めてしまうことだけは避けたかったので。

ただ、監督から「10代のときは太ってほしい」と言われ、その数日後に撮影する29歳のアキのときは「痩せてほしい」と言われて、体型コントロールは大変でしたね。

――その短い期間での体型コントロールはどうするんですか?

桜井:これだけ短い期間だと食事量を少なくしました。バナナと水だけとか。本当はある程度時間をかけて徐々に落としていくのがベストなんですけど。

ラブシーンでの美しい体づくりは和食が基本

f:id:hotpepper-gourmet:20171020125449j:plain

――プロ魂ですね。今作では高橋一生さん演じるカイトとのラブシーンなどで、キレイな体を披露していましたが、美しい体づくりで意識していることはあるのでしょうか?

桜井:普段から食生活は気にしています。大体、朝はご飯、納豆、味噌汁の和食中心。昼はおにぎりを作って撮影現場にも持って行くようにしています。夜は遅い時間に帰宅したときはフルーツだけ。仕事柄、健康面と体型管理は日々気を付けるようにしていますね。

ただ、あまりに神経質になるとストレスになるので、食欲がものすごく湧いてきたときは1日だけ「好きなモノを好きなだけ食べていい日」をつくっています。

「好きなだけ食べる日」は朝カレー、昼ラーメン、夜カレー

f:id:hotpepper-gourmet:20171020140857j:plain

――最近の「好きなモノを好きなだけ食べていい日」に何を食べたか気になります!

桜井:この日は1日オフだったので、朝起きてカレー、おやつにおまんじゅう、昼にインスタントラーメン、映画を観ながらスナック菓子をポリポリ、夜は出前でインドカレーとナン。寝る前のデザートにアイスクリーム!

――おぉ! 思った以上に好きなだけ食べてますね!!(笑)。

桜井:「食べたい」と思ったものは必ず食べるようにしているんです。中途半端に「これだけ食べよう」となると、日々、寸止めされている気がして嫌で(笑)。一日、思い切り食べると満足するので、翌日は自然といつもの食生活に戻るんですよ。

――なるほど。それにしてもカレー率が高いですが、カレーはお好きなんですか?

桜井:大好きです! 食べられるものなら毎日食べたい。スープカレー、インドカレー、日本風カレー、欧風カレー、それぞれのジャンルごとにオススメのお店を抑えていて、気分によってチョイスしています。最近のお気に入りは下北沢にある本場、北海道からやってきたスープカレーのお店。野菜とチキンをコトコト煮込んでいる味わいがクセになるんです。

フレンチよりもおいしい刺身と日本酒があるお店を知っている男性がいい!

f:id:hotpepper-gourmet:20171020140933j:plain

――なかなかのカレーマニアっぷりですね。少し作品の話に戻りますけど、映画ではお酒を飲むシーンが多かったですが、桜井さん自身はお酒は好きですか?

桜井:アキみたいにものすごくは飲まないですし、基本、ひとりでは飲まないかな。ただ、友達といたり、打ち上げに行ったりすると飲みますね。日本酒とワインが好きで、一度飲み始めると淡々とずっと飲んでいるタイプ(笑)。

――案外、強めのお酒が好みなんですね。

桜井:お酒は強い方だと思います(笑)。さっき、ひとりでは飲まないと言ったんですけど、大きな仕事が終わると、自分の気持ちに区切りをつけるためにご褒美ゴハンに行くんですよ。知り合いが炭火焼きのおいしいイタリアンのオーナーシェフで、そこに行ってお肉とサラダとワインのセットを食べる! これを食べると「私、仕事頑張った~」って思いますね(笑)。

――そんなカレーとお酒が好きな桜井さんですが、男性とデートで食事に行くならどんなお店に行きたいですか?

桜井:おいしい刺身と日本酒のある和食屋さんですね。私の中でいい和食屋さんを知っている男性ってポイントが高いんですよ。イタリアンやフレンチではなくて、「刺身がおいしい和食屋さんを知ってるからさ」なんて言われると「むむむ、やるな」と思っちゃう(笑)。あ、もちろん日本酒があるのも大切です。

プロフィール

桜井ユキ(さくらい・ゆき)

1987年2月10日生まれ、福岡県出身。2011年女優デビュー。代表作に映画『リアル鬼ごっこ』『フローレンスは眠る』、ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』など。2018年には映画『真っ赤な星』の公開が控える。

映画情報

『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY – リミット・オブ・スリーピング ビューティ』

10月21日(土)新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

公式サイト:http://sleepingbeauty-movie.com/

f:id:hotpepper-gourmet:20171020130216j:plain

29歳の売れない女優、オリアアキ(桜井ユキ)はふと立ち寄ったバーでサーカス団を営むカイト(高橋一生)と出会う。それからマジシャンの助手を始めるが、催眠術にかかる演技を繰り返すうちに精神が摩耗し現実と妄想の境界が破綻をきたしはじめていた。

※この記事は2017年10月の情報です。

撮影:塩谷哲平(t.cube)

書いた人:中屋麻依子

中屋麻依子

21歳で物書き稼業に足をつっこみ、気が付けば10数年。漁師から起業家、ハリウッドスターまで述べ10000人以上にインタビュー。ウマいメシと至福の一杯のために物を書くをモットーに日々、文章と戯れ中。座右の銘は「酒の誘いは断るな」。

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

腹を満たす「総菜パン」。めくるめく創意工夫の世界
人はフード宅配アプリだけで生活できるか?【ポケットマルシェ】
【感激の味・やみつき】チキンティッカマサラのつくりかた【東京カリ~番長】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。